旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

好きの中の嫌い 嫌いの中の好き

みなさまこんにちは!
光彬です!
少しずつ涼しくなり秋の予感がして参りました*
私は金木犀の香りがとても好きなので
待ち遠しい気持ちです!

本日修行道場において転役(てんやく)という、
部署異動があり、約1年半お世話になった
調理場を出ることになりました!
今度はお寺の入り口で様々な受付をする、
受処(うけしょ)に配属されることになりました!
また気持ちを新たに頑張ります!

つい先日の話、
まだ調理場で寺内の食事を支度していた時のことです。

私は昔から偏食家で、とにかく気に入ったものはたくさん食べ、嫌いなもの、特に、食べてもいないのに匂いや見た目が気に入らないという理由ですら、食べたくない!と
頑なに拒んできました。
とくに、ここには多過ぎて書ききれませんが
野菜は大の苦手でした。
大学生の時にアルバイト先のファストフードの飲食店では
賄いがでたので、そこで色々食べれるようになりましたが、それでも食べたくないものはまだまだありました。

卒業後は修行に行き、そこでは私の食べたいものなど
個別では出てきません。その中の大勢の修行者と指導役はみんなで同じものを頂きます。初めて味わう空腹感からか、修行中には野菜嫌いなど無くなったのかと思うほど食べられるようになりました。それに、美味しいとすら感じていたのです。これには自分でも驚きました(笑)

美味しいものがたくさんあるんだと気が付かせて頂いた修行期間でしたが、その後、指導役として再び調理場で修行させて頂くことになりました。
2年目のついこの間の9月初頭、いつものように
寺内の食事を作っていました。その日は他見から
色々頂きものをしていて、何種類かの野菜が調理場に
集められていました。その中に、私があまり好きではない野菜、ズッキーニが見えました(*_*)
これは。。と思い、どんなメニューにするか
調べたりしましたが、気持ちは既に離れていました。
私は食べなくても良いから他の人が食べてくれるだろうとまで考え、簡単によくあるメニューにして提供しました。
思いの外美味しく出来たようで、みんな喜んでくれました。ですがここでピンチが訪れます。
見落としていた未使用のズッキーニがもう1つ
箱から出てきたのです。中途半端に余ってしまったので
どうしようかと思っていました。すると、1人の修行僧が
ちょっと作ってみたい物があるんですがよろしいですか?と使用許可をとってきたので、私はラッキーと思い
何でも良いから作ってみて良いですよ*と半分安心した気持ちで答えました。

何分かして、 出来上がった!と声がしました。
品物を見る気もありませんでしたが、どうでしょうか?と聞いてきたので一応確認しました。
修行僧全員の分は無いけれど、中ぐらいの丼に
8分目くらいに出来あがった料理がありました。
良かったら味見をお願いします!と言われましたが
乗り気ではありませんでした。ですが
不思議となんとも良い香りがしていたのです。

一欠片をさらに半分にして恐る恐る頂きました。
飲み込んでしまえと思いましたが、うっかり噛んでしまいました。するとどうでしょう、美味しかったのです。
平静を装い、美味しいねと、もう一欠片を食べてみましたがやはり美味しかったです。
私は今まで何を怖がってこれを見てきたのか、
一瞬にして分からなくなってしまいました。


曹洞宗 大本山永平寺を開かれた道元禅師様の書き示された教えに『典座教訓』という出典があります。
その中に
「比丘の口、竈の如し。(びくのくち、かまどのごとし)」という言葉が出て来ます。続きがありますが、
仏道修行者というのは、好き嫌いせずどんな食べ物でも同じように有り難く頂くのである。
続き→[この事をよく理解すべきだ。粗末な野菜が修行者の尊い身心を養い育むのだ。賎しいとかつまらないと思って支度してはいけない。仏同を説く修行者は、粗末なものを修行者が食べて力が湧くように工夫して作らなくてはいけない。]と。

私は食べてすらいないものを嫌いだからと遠ざけ、他の方が頑張って修行して頂くためにより美味しくしようとする努力も怠っていました。それはもはや仏道修行を怠っていることと同じです。お経を読む法要は好きだけれど、座禅は苦手だからしない、そんなことは言えません。ですがそう言っている事と同じなのです。

人は好きの中にも嫌いがあって、嫌いの中にも好きがある。誰しもがそうだ。嫌いな食べ物も調理法によっては食べられたり、嫌いな人がいてもその人の中に良いなと思えたりする部分があったりする。
宗教、また仏教において、その教えは生き方を豊かにしてくれる。修行も、嫌なことを少しでも楽しとか良いとか思えるよう工夫して臨めばそれは素晴らしいことに繋がる。あるご老僧からの言葉です。

調理場で怠慢になっていた私への最後の警告か、激励か。
これからまた一から色々なことを覚えていくわけですが、
嫌な仕事を進んでやり、得意な事に変えてより良い修行にしていこうと思います。f:id:tabisuruzensou:20200915225558j:plain

一期一会

f:id:tabisuruzensou:20200909233202j:plain

無防備な昼寝


こんばんは、禅信です。

 

毎日夕方に散歩に出かけますが、18時にお寺の鐘を鳴らしてから

犬を連れて走り出すと橋を超えて10分ほど経つ頃には空も薄暗くなり

雷雲と共に風が運ぶ雨の匂いに夏の終わりを感じる時節となりました。

 

 

今年もうだるような暑さが連日続き、日中は外に

出るのも躊躇するような夏でしたが、

8月のお盆には提灯片手に沢山の人たちがお墓参りをされてました。

 

 

今年は例年とは違い、お盆の棚経も初盆を迎えるお檀家さんの家だけ

お参りさせていただいたので、私も13日の昼間は時間があり

衣を着てお墓を回って読経を務めた後に、

提灯をもってお迎えに行ってまいりました。

 

 

恥ずかしいことですが、お寺に住んでいながら忙しさにかまかけて

お盆様のお迎えは里帰りをした叔母や兄弟に任せていた為に

思い返せば小学生の時依頼行っておりませんでした。

 

お寺の歴代住職のお墓、お祖母ちゃん達のお墓、お殿様のお墓、と順に周り

お花、お線香を供え手を合わせます。

 

 

提灯を持って帰ろうとすると、

 

「お盆にお墓で会うなんて珍しいなぁ!

うちの息子は東京だからことしはかえってこれねぇんだよぉ」

 

同級生のお父さんから声をかけられました。

その時は世間話をして別れたのですが、

 

 

棚経で初盆のお宅にお伺いした際にも皆さん口々に

「今年は親戚のひとはこれなくってねぇ」

「今年は子供には帰ってくるなよぉって言ったんだ」

と、寂しそうに話していました。

 

 

 

お盆休みを使って里帰りをする人、またそれを楽しみに待つ家族にも

今年はつらい決断せざるを得ない環境であったことは確かです。

 

 

私は年に一度、2月に鳥取のお寺で開催される摂心会(坐禅修行)に

随喜して、参加者の皆さんと坐禅、食事、読経を3日間修行します。

 

夜の坐禅の後、住職さんの部屋に行き一日の疲れを労いながら雑談を

楽しんでいる中で、

 

「一年に一度、あと何年続くかわからない、あと何回会えるかわからない、

 毎回とても楽しみであり、毎回寂しく、毎回真剣に勤めたい」

 

そんな言葉を言われたことを思い出しました。

 

 

大切な家族、友人、一つ一つの再会を大切にそう感じたお盆でもありました。

 

 

 

日日是好日


こんにちは、哲真です。

 

残暑が厳しい日が続いております。皆様、体調の方は大丈夫でしょうか。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で三密を避けるようになったり、マスクをしたりなど生活様式が変わりました。これを「新しい生活様式」と表現したりしています。ただ、今から百年前に起こった通称「スペインかぜ」の資料を見ると、そこにあるのはマスク姿の人々。今も昔も対策はあまり変わっていないのでしょうか。

 

また、安倍首相も病気の影響で辞任されるとのこと。時代の変化の時ともとれますね。

 

このような変化の時代でも人々はコロナ対策をして、日々を楽しんだりしています。新型コロナに感染したい方はいないと思います。その中であっても時には日々を活動的に過ごすこともやはり大事なのではないでしょうか。

 

このような過ごし方をしていると、ある言葉が浮かびました。それは「日日是好日」です。文字通りだと「毎日が素晴らしい日」となります。その日が悪い日で不吉な事が起こるのではないかとおびえて過ごしたり、過去のことにとらわれてその日を台無しにしてしまうのではなく、その一瞬一瞬を精一杯生きることこそが大事なのだと思います。

 

新型コロナでおびえて過ごし家から一歩も出ないのではなく、対策を万全にし、免疫力を高める為に食事を取り、十分な睡眠、そして運動をし、三密を避けて出かけるということをしていくことも大事です。

 

私は、このコロナ禍の中、その日が何もしないで終わったということがないようにしていく必要があるのだと気づかされました。

 

この前、「日日是好日」というタイトルの映画を見ました。私は、禅に関わりがあるものはどうしても見たくなってしまいます。

 

日日是好日」は監督が大森立嗣さん、黒木華さんや樹木希林さんが出演しています。茶道を通して様々な出会い別れ、経験を通して人生における大事なことに気づいていく映画です。それを見ながら、新型のコロナの影響がある生活を過ごす中でも、日々の生活の一瞬一瞬を大事にしていくことを改めて感じさせてくれました。

 f:id:tabisuruzensou:20200902091727j:plain

日に悪い日はありません。

一日も早くこの状況が収束し、皆が制限なく自由に動けるようになることを願っております。

カレーに例える人

こんにちは。向月です。

今年は梅雨が長く猛暑日が続く夏でしたね。

熱帯夜のせいで寝不足だったり、食欲が落ちたり・・・。

私は食欲が落ちたときは、スパイスカレーを食べるようにしています。

 

f:id:tabisuruzensou:20200826090655j:plain

今年、コロナ禍で行われた外出自粛期に私はスパイスカレー作りに

はまってしまいました。

もともとカレーは大好物でしたが自分で作る事はあまりなく、

おいしいと噂のカレー屋さんを食べ歩くことをしていました。

雑誌やインターネットで口コミを見て、そのお店でどんなカレーが

食べれるか調べることが好きでした。実際にお店に行ってイメージと

違うことも多々ありましたが・・・。

しかし、新型コロナにより不要不急の外出は自粛すことに。

大好きなカレーの食べ歩きもできません。

それでもカレーを食べたくなります。

そんな時、友達から「それなら、自分でスパイスカレーを

作ってみてはどうですか?」と言われました。

彼は実際インドまで行って現地のスパイスカレーの作り方を習ってきた方です。

私も彼のスパイスカレーが好きで、いろんなカレーを作ってもらいました。

彼からスパイスを譲ってもらい、自宅でスパイスカレー作りに挑戦です。

はじめはスパイスの名前もわからず、分量もインターネットで

レシピを見ながら作っていました。

何度か作るうちに、以外と簡単にできることがわかってきます。

そのうち、自分の作ったカレーを誰かに食べてもらいたいと

思うようになってきました。

 

ある時、別の友達に、私の作ったスパイスカレーを振る舞う

ときがありました。

自分以外の方に振る舞うのは初めてで、どんな反応をされるか

心配でしたが、その友達は私のスパイスカレーを美味しいと

言ってくれました。

 

カレーを食べながらその彼が

 

 

「カレーも仏教もインド発祥だけど、日本のカレーはインドとは違うよね。

仏教もインドの仏教と日本の仏教では違うよね。」

 

 

と言われました。

インド発祥と言うことは同じだけど、カレーも宗教もその土地々々の

文化とミックスしながら変化してきたもの。

日本で隆興した仏教は日本風の仏教なのだけど、日本風にすることで

お釈迦様の教えを伝えやすくなたのだと思います。

インドのカレーを日本風にすることで、日本人の口に合うようにしたように。

インドの仏教をそのまま日本に伝えていたら、こんなにも

広がらなかったのではないでしょうか。

 

スパイスカレーを美味しそうに食べてくれる友達に言いました。

 

「カレーも仏教もインドとは違うけど、日本のカレーも仏教も、

私はどちらも好きですよ。」

 

仏教をカレーに例えた友達も、私と同じくどちらも

好きだと言ってくれました。

別物に見えていても本当は同じことを言っているときがあります。

細かいことを気にしすぎていると、中心にあるものを

見失ってしまいそうになります。

お釈迦様の教えも細かい違いは気にせずに、

本質を見ていきたいと思いました。

 

 

さて、別の旅ではある方と「この目で感」について

お話したのですが、その話はまた今度。

僕が旅に出る理由

 

初めまして、祖雲(そうん)と申します。

今回、ご縁を頂いてこちらのブログに原稿を寄せさせていただくことになりました。

 

さて、御話をお受けしたのはいいけれど、何を書こうか。

コロナ情勢下で気軽に旅行に出られない今、北海道在住の私が

北海道の自然をお伝えして、少しでも旅行気分を味わっていただこうか、

 「旅する」禅僧だから旅の話か。

けれど旅らしい旅なんてしばらくしてないしなぁ…、

等々あれこれ考えている内に一週間、二週間と経ち、

「そもそも旅ってどうしてするんだろう」という考えが沸いてきました。

 

f:id:tabisuruzensou:20200819091055j:plain

 

皆さんは、出掛けた先から帰って来たとき、

「やっぱり家が一番落ち着くなぁ」と口に出したり、

思ったりしたことはありませんか?

出掛け先で何か嫌な思いをしたならともかく、めいっぱい楽しんだ後でさえ、

家に帰るとホッとした気持ちになることはありませんか?

 

だったら、最初から出掛けずにずっと家にいればいいんじゃないのか、

というとそういう訳でも無さそうです。

家に帰って日々の生活を送り、しばらくすると、あの景色が見たい、

あの名物が食べたい、と旅の虫がうずいてくる。

 

旅に出て、家に帰ってホッとして、それも忘れてまた旅に出る、の繰り返し。

f:id:tabisuruzensou:20200819091129j:plain


 

 

「人生は旅である」という例えをよく目にします。

「人生」を「旅」とするならば、「家」は「自分」、

「旅先」は「他者」とでも置き換えられるでしょうか。

 

「人は皆各々尊いのです」、お坊さんからそんな風に説かれても

中々腑に落ちるものではないのではないでしょうか。

本来尊いはずの自分や他者だとしても絶対的に尊いものだと、

肯定するのは難しい。そして肯定し続けるのはもっと難しい。

 

最終的には勿論そうなれればいいとは思いますが、

その入り口として、比較して良さに気付くという事が

あってもいいのではないでしょうか。

 

「旅行先も素敵だけど、自分の家が落ち着くね。

きっと、その旅先に住んでいる人もお互いに同じことを

思っているんだろうけど。」といった具合に。

 

 

旅(人生)の経験を通して、旅先(他者)の良さ、家(自分)の有難さに気付く。

 

 

という点も、人が旅をする理由の一つなのかなと思い今回書かせていただきました。

 

 

文章力不足、勉強不足相まって読みづらい点、

意味が分からない点多々あったかと思いますが、

最後まで御読みいただき有難うございました。

今回はお試しで記事を書かせていただいたため、次回は未定ですが、

またご縁がありましたら、書かせて頂く機会があるかもしれません。

その時に向けて日々精進してまいります。

                                                                                    合掌

大きな木の下で

f:id:tabisuruzensou:20200812085257j:plain

みなさん、こんにちは。慧州です。すっかり梅雨が明け、ジリジリと灼けるような暑さがやってきました。そんな猛暑の中でも、道を歩いていると至るところにセミの抜け殻を見つけることができ、成虫になった彼らは残り僅かの命ではありますが一生懸命鳴いています。

 

先日、久しぶりに図書館へ行きました。コロナの影響で長らく行けなかったため、やっとの訪問。ただ以前と同じように自由に利用できるわけではなく、感染予防のため時間制限のある予約制となっていました。その日は予約した時間より早く着いてしまったため、どこかで時間を潰さなければなりませんでした。普段であれば喫茶店に入って時間を潰せばいいものの、どうしても人混みが気になってしまい、仕方なく近くの公園に行くことに。

 

公園には大勢の人が集まっていました。炎天下の中、スケートボードの練習をしている若者たち。ランニングコースでひたすら走っている人々。既に夏休みに入ったのであろう小学生の子どもたちが虫網を持って駆け回っている姿。それぞれが思い思いの時間を過ごしていました。

 

私は大きな木の下にあるベンチで読書することにしました。とても暑い日でしたが、木陰に守られたその場所は風が通るととても涼しく感じられました。不思議なことに、周りではけたたましくセミが鳴いているにも関わらず耳障りには感じません。ある人から聞いた話ですが、外国の方は日本のアニメで夏の背景音としてセミの声が鳴いていても、ただの騒音にしか聞こえずやかましいと思うそうです。生まれた時から慣れ親しんだセミの声に、日本人はどこか夏の情緒さを感じるのだなと思います。

 

f:id:tabisuruzensou:20200812090253j:plain

ベンチで座っていると、ふと幼い頃よく口ずさんだある童謡を思い出しました。

 

大きな栗の木の下で

あなたとわたし

仲良く(楽しく)遊びましょう

大きな栗の木の下で

 

とても短い歌で、誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。幼い頃「なぜ木の下では仲良くしなければならないのだろう」と不思議でしたが、今こうしてベンチで座っているとなんとなく理解できるような気がしました。

 

木は誰かのために見返りを求めて木陰を作っているわけではなく、たまたまそこで木として育ち、光を浴びて結果的に木陰を生み出しているだけです。しかし、人間だろうとセミだろうと全ての存在が平等に木陰を享受することができます。だからこそ、先の童謡では木の下で争ってはいけないと示されたのではないだろうかと思うのです。

 

この木陰のような存在は実は私達の身の回りに溢れています。一言で言えば「お陰様(おかげさま)」という表現です。誰かと挨拶するときによく「お陰様で元気にやっております」なんて言いますが、誰かのお世話になった覚えがなくとも「お陰様」と言うこの挨拶に幼い頃は不思議だなと感じていました。

 

でも実は私たちは知らず知らず「誰かのお陰様」で生きていて、さらに言えば「私たちのお陰様」で誰かが生きています。今生きているこの瞬間もそうです。空気があるからこそ私達は呼吸ができるわけであり、誰かが食料品を運んでくれるからこそスーパーに食べ物が陳列されています。互いに互いを支え合って生きていることを思い出させるために、「お陰様」というようになったのだろうと思います。昔で言うなら「お天道様」という考えに近いかもしれません。

 

コロナによって人との接触が減り距離が離れてしまったように思えても、決してつながりが消えたわけではありません。自粛期間中に話題となった医療従事者や配達業者への感謝はそのことを気づかせてくれた典型例ではないでしょうか。当たり前だからこそ気づきにくいのだと思います。

 

 「(みんなの)お陰様で私は元気です」

皆がそう思えたら、もう少し世界は平和になるかなと思えた木の下での出来事でした。

お盆の由来について

こんにちは。拓光です。

長かった梅雨もようやく明け、いよいよ夏本番となりました。今年の夏も去年と同様に暑くなりそうです。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

八月に入ると、私達僧侶はお盆の季節が近づいてきたなと少し身構えます。

皆さんはお盆を迎えるこの時期にはどのようなことを感じるでしょうか。中には亡き人と共に過ごした思い出に寂しさや懐かしさを感じる人もいるのではないでしょうか。

 

さて、今日はお盆の由来について少しお話しします。

お盆とは「盂蘭盆(うらぼん)」を略したものです。

諸説ありますが、盂蘭盆とはインドのサンスクリット語の「Ullambana(ウランバナ)」を漢字に当てはめたものであり、ウランバナとは「逆さづり」という意味です。この逆さにつるされた苦しみを取り除く供養が、お盆ということになります。

 

これはお釈迦様の十大弟子(10人の優れた弟子)の一人である、目連尊者の話が元になっています。

目連尊者は修行を積み、どんな世界でも見通せる力である神通力を使いこなせる境地に至りました。

その力で、まず最初に自分のことを大切に育ててくれた亡き母の様子をみて、その恩に報いようと考えました。 すると母は、なんと餓鬼道(常に飢えと乾きに苦しむ世界)で、逆さ吊りになって苦しんでいました。この世界では餓鬼たちが食べ物や飲み物を口にしようとすると、炎がふきだし、口をつけることができません。

 

驚いた目蓮尊者は、師匠であるお釈迦様に相談をしに行きました。そこで、自分には優しかった母が、我が子さえよければよいという自己中心的な幸せだけを願い、他の生物に対して施しを行わなかった結果、餓鬼道で苦しんでいることを知りました。

目連尊者がお釈迦さまにどうすれば母を救うことが出来るのかと相談すると、お釈迦様は、修行をしている僧侶に対して3ヶ月間飲食を供養すれば、その功徳(良い行い)によって母は救われるであろう、と教えられました。 目蓮尊者は、お釈迦さまの教えに従って修行僧達に飲食を供養し、その功徳によって母も餓鬼道の苦しみから救われました。

 

目連尊者は母が救われたことに大変喜び、その後お釈迦様に「もし後世の人々がこのような行事を行えば、苦しんでいる人々を救うことが出来るのでしょうか」とお尋ねになりました。 その問いに対しお釈迦様は、「もし真心を込めてこの行事を行うならば必ずや善きことがおこるだろう」とお答えになられました。 このお釈迦様の教えが現代まで伝わり、「お盆」という行事として今日まで続いております。

 

お墓には両親、祖父母もまだ入っていないから我が家にはお盆なんて関係ないという方も中にはいるかもしれません。 しかしお盆という行事は、亡くなった方を尊び供養するということだけではありません。 今、私たちがこうして生きていられるのは、先祖の方はもちろんのこと、過去の世の人々、今現在自分自身を支えてくれている方々。健康な身体を作ってくれる、食べ物など様々なもののおかげであります。

そのすべての人や物に感謝して、供養するという豊かな気持ちは自らの心も豊かにしてくれます。

どうかこの意味を良く考えながら、お盆を迎えていただけたらと思います。

 

f:id:tabisuruzensou:20200805092706j:plain