旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

だるまさん

こんにちは禅信です。

 

5月も終わりに差し掛かり関東では田んぼに水が入り小さなイネ苗がまっすぐに植えられています。

 

先週、曹洞宗の御詠歌を習いに滋賀県のお寺にお伺いする機会を頂き。

全国から集まった講員の方々と「達磨大師の御詠歌」を習いました。

 

先生のお寺は琵琶湖の湖畔にあり、境内にある池の水は底にある石が見えるほど奇麗に透き通り泳ぐ鯉や亀もとても気持ちよさそうで、アクアリウム好きの私にはとても羨ましい環境でした。

 

その昔は、池から亀が上がってきて本堂の下にもぐって産卵をしていたそうです。

親亀は天敵から卵の場所を悟られないようにいくつも穴を掘ってその中の一つに卵を産み春になると本堂の軒下から池まで小さな亀たちが一生懸命に這って進んだそうです。

 

 

達磨大師の御詠歌の歌詞には、

「つたえまし 受け継ぎ来たり ありがたや 

 五葉に開く 道のひとすじ」

この御詠歌では、達磨大師に命を懸けて師事した慧可禅師から、それぞれに教えを伝え来て五家七宗禅宗が今日まで受け継がれていることの喜びを伝えています。

 

 

ダルマさんと聞くと昔から、幼少期に「だるまさんが転んだ」や「にらめっこの歌」などをして遊んだり、学校では「七転び八起き」「石の上にも三年」など、ことわざの中にも登場して馴染みのあるキャラクターですが。

 

ダルマさんの逸話からは厳しい姿が想像されます、

 

 

先生の講習を沢山の講員さんと一緒に受講して、達磨大師から脈々と受け継いできた祖師方の禅の教えも、高齢の身を呈して私たちに御詠歌を伝えていただいた先生のお姿も親亀の姿と重なり、後世の人々に伝わる様に、豊かに広がる様に必死に伝える思いを感じました。

 

私もまだまだ軒下から出たばかりの子亀ですが、永くお唱えが出来る様にコツコツと練習に励みたいと思います。お寺にお参りした際にリンリンと鈴の音とお唱えが聞こえたら声をかけてみてください。

 

御詠歌講習

 

ほどほどに

こんにちは、哲真です。

 

立夏を過ぎ、暑い日が続くようになってきましたね。これからは梅雨の時期にもなってきますので、天候による体調の変化に注意してください。

 

最近、「やりすぎ」はいけないということを痛感させられる事が起こりました。

 

白黒の猫と黒猫の二匹のネコを飼っています。白黒猫は家に籠りきりで、のんびりと毎日を過ごすのが好きなネコです。黒猫は境内を走り回って活発なネコです。

 

3月の末、黒猫の方が突然やたらとそこら中に「穴」を掘りだすようになりました。どこでも掘って掘って掘りまくりです。花壇も掘って球根が台無しになったりもしていました。ちょうどその頃、野良猫が境内をうろつくようになり度々いがみ合いをしていました。その為みんなで「どうしたんだろうね?そこら中にマーキングしているのかしら」と話していました。翌日になってもあちこちに穴を掘り続けています。しかし夕方になると目が虚ろになり普段の活発さが消えてしまいました。抱っこをすると叫び、嫌がります。そこでお腹を見ると、はれ上がっているではないですか!!!急遽、動物病院に連れていくと尿管結石で尿が膀胱にたまって破裂一歩手前ということでした。すぐに処置をしてもらい何とか一命を取りとめました。

 

尿管結石になった原因はストレスなどもあるようですが、毎日の食生活に影響を受けるということでした。原因として考えられるのは大好物の餌を毎日、毎食与え続けたことによる、ミネラルの過剰摂取だと思います。

 

何事も、やり過ぎず、やらなさ過ぎず、適度が重要です。お釈迦様も苦行では悟りを開くことはできず、坐禅により開かれました。自分に厳しくし過ぎても良い結果が得られるとは限りません。精一杯真剣に打ち込むことは大事です。ただ身体や精神を壊すまでやることが重要なのではなく、自分自身ができる範囲内で精一杯することが大事なのです。

 

今回黒猫が病気になって、好きだからと過剰に与えすぎたことを反省し、何事にも適度な塩梅が大切なのだと考えさせられました。

 

もし、ネコが穴を掘ってばかりいる、もしくはトイレばかり行く時は、尿管結石を疑ってくださいね。

 

万感交々。

こんにちは。谷俊宏です。

 

当ブログご高覧頂いている皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ようやく春めいてきた北海道札幌市より今回も上梓しております。

 

 

今年の一月より「旅する禅僧」に参加させていただいて早くも二度目の投稿になります。他のメンバーの方々には遠く及びませんが、自分らしい文章が書いていけたらなと思っております。拙い内容ではありますが、最後までお付き合いください。

 

 

 さて、突然ですが、私にはどうしても『たまらなくなる』タイミングがあります。中々表現しにくいのですが、強いて言うなら

 

「季節の匂い」

 

を感じた時です。

特に今の様な季節の変わり目に多く感じることがあり、春には春の、夏には夏なりの、また秋にも冬にもそれぞれのそれを強烈に感じるのです。

 

そして不思議なことにこの匂い、時代や場所が違っても、四季がどれだけ廻っても、その季節になれば必ず同じ匂いがするんです。その匂いを感じた時にはもう、、、得も言われません。この感情はなんなんでしょうかね。

 

もし脳汁というものがあるなら私の頭の中はきっとずぶ濡れびしゃびしゃ必死の状態でございます。

 

ところで、よく聴く楽曲の中で、まったく同じというわけではないのですが、【EVISBEATS feat.田我流】というアーティストの「ゆれる」という曲では、季節の変わり目を感じた時の感情をタイトルにあるように『心がゆれる』と表現しています。

 

www.youtube.com

 

この曲は私も大好きで、数えきれないほど耳に入れてきましたが『心がゆれる』というのもうなずける部分もありつつも、自分の感覚とは少しだけ違う気もするんですよね。

まあ、心や感情を「理解」しようとするのも野暮っちゃ野暮だとは思うんですが、僧侶である以上この作業は必要だと思うのでついつい考えちゃいます。。。

 

でも、ひとまずこの「たまらなくなる感情」の名詞付与に関しては、今後も引き続き自分のこころと応相談ってことで、すこし置いておきたいなと思います。

 

本題とはすこしそれますが、EVISBEATS feat.田我流の「ゆれる」の歌詞ですごく心にささるワンフレーズがありましたので、おもわず当寺の掲示板に書いちゃいました(笑)。どうぞご査収くださいませ。

 

 

それでは皆さん、この言葉のように今日も一日前向きに生きましょう!

一日を丁寧に生きる

 

こんにちは。拓光です。

f:id:tabisuruzensou:20220413091329j:plain

春風が肌に心地よい季節となりました、皆様お元気でしょうか。

年度始めに目標を立てて、今現在も努力をしている、そんな方も中にはいるのではないでしょうか。

私もその中の一人で目標を「一日を丁寧に生きる」にしました。

道元禅師様は正法眼蔵という著書の行持の巻でこのような教えを残されています。

「たとひ百歳の日月は声色の奴卑と馳走すとも、そのなか一日の行持を行取せば、一生の百歳を行取するのみにあらず、百歳の他生をも度取すべきなり。この一日の身命は、たふとぶべき身命なり、たふとぶべき形骸なり。」

この教えを簡単に説明しますと「私達が百年という長い年月を無駄に過ごしてしまったとしても、もし一日でも仏道修行を実践したのならば、それはこれまで無駄にしてしまった百年間を取り戻すだけではなく、更に次の百年分の人生までをも救うことができるほどなのである。

だから仏道修行をするこの一日の命というのは尊ぶべき命であり、仏道修行を実践できるこの身体は尊ぶべき身体である。ということです。

つまり道元禅師様は仏道修行を実践する一日の尊さをお示し下さっているのです。

話は戻りますが、何故私が目標を「一日を丁寧に生きる」にしたのかと言いますと、昨年亡くなった先代の住職でもある私の祖父が、この一日を丁寧に生きるということを大切にしていたからです。

祖父は生前私に、先程紹介した道元禅師様の教えのように日々仏道修行を実践することの尊さや、一日を生きることの有り難さについて教えてくれました。そのことを教えてくれた日はたわいもないいつもの日常の日でした。

高齢でありながら僧侶として毎日を忙しそうにしている祖父に対して、ある時こんなことを聞いてみました。

「もう90歳を過ぎているから僧侶であることを忘れて、何もしない一日を過ごしてみたい、無駄だと思えることに没頭したい。そんな日を過ごして休んでみたいと思うことはないですか。」

このように問いかけてみると、先程までにこやかにしていた祖父の笑顔が消えこのように返ってきました。

「あなたの言う何もしない一日や、無駄だと思えることに没頭する一日を過ごすというのは具体的にどう過ごせばいいの?」

祖父から思いがけない質問が返ってきたので、その問いに対し私は少し考えてから
「私だったら自分の趣味に没頭したり、家族と温泉旅行に行って来たりするとかですかね。90歳を過ぎているのだから、何日かはやらなきゃいけないことを後回しにしても罰は当たらないと思いますし、私だって年に何日かは、昨日頑張ったから今日はやらなければならないことを後回しにしてしまおうといった、そんな無駄な一日を過ごしてしまうことがありますよ。」

と返すと祖父は

「なるほど。家族と温泉旅行に行ってゆっくりするのは悪くないかもしれない。でも与えられている命を無駄にして過ごすのはよくないね。もしかしたら明日突然あなたも私も死んでしまうかもしれない。明日という日が来る保証は誰にもないのだから、今日やらなければならないことは、明日に先延ばしにするのではなく今日やらなければいけないよ。今、与えられているこの一日の命を丁寧に生きなさいね。それこそが僧侶として行わなければならない仏道修行の一つだよ。」と助言を受けました。

そのように助言を受けた私は、明日という日が来るのは当たり前のことであると考え、一日を丁寧に生きるという仏道修行をないがしろにしてしまっていることに気付かされました。

祖父は私に、命が今あるというのは年齢問わず当たり前にあることではない。だからこそ今この一日を丁寧に生きなければならないという当たり前であるがゆえに見過ごしてしまいがちになることを改めて教えてくれました。

先程紹介した「この一日の身命は、尊ぶべき身命なり」という教えで道元禅師様が私達に伝えたかったことは、明日という日が訪れるかは誰にもわからないから、まずは今与えられているこの一日を丁寧に生きるという仏道修行に励みましょうということなのではないでしょうか。

この一日を丁寧に生きるという仏道修行は僧侶だけではなく、誰でも今から実践することが出来ることです。一日を丁寧に生きることとは、毎日の生活を有り難いと思って生きる、つまり感謝の心を持って生きることだと私は思います。

例えば私達が毎日頂く食事一つにしてみても、まず天候に恵まれて、生産者がいて、流通を支える人がいて、調理する人がいて、沢山の繋がりがあってはじめて目の前に食事が並びます。感謝の心を持って生きるとは、こういった全ての繋がりに気付き感謝をすることです。

もしこの繋がりに気付かなければただの食事ですが、このことに気が付けば感謝の気持ちを持って食事をいただくことが出来ます。こういった感謝の心を持つことは食事だけではなく、どんなことにも共通して言えることです。

道元禅師様教えの通り、ただ毎日を漠然と生きるのではなく、これから尊い一日が始まる。後悔のないように丁寧に生きよう。そんな気持ちを持って過ごして頂けたら嬉しく思います。

f:id:tabisuruzensou:20220413091508j:plain

 

一日一歩、ゆっくり歩くこと。

皆さんこんにちは。慧州です。

今日は3月30日。お彼岸も終わり、ちょうど年度末です。

決算に追われたり、4月からの新生活で引っ越しをしたりと、何かと慌ただしい日々を過ごしているかもしれません。

 

私がいる東京では桜が開花しました。

コロナを迎えて早2年以上経ちますが、桜だけは変わらずに咲いている姿を見ると、感慨深いものがあります。

 

私ごとではありますが、先日33歳になりました。

人生100年と考えると、ちょうど3分の1を終えたということになります。

多くの人がそうだとは思うのですが、過去を振り返ればそれは決して真っ直ぐの道ではありません。

私の場合は、どんな場に置かれたとしても目の前の現実を受け入れることが出来ず、自分に足りないことばかりを追い求めてきた人生でした。

 

高校時代は受験勉強が嫌で友達と遊ぶことばかりを考え、

大学時代は僧侶になることが嫌でお寺と関係ないことばかりに取り組み、

修行時代は修行が辛いと感じて、早く修行を終えて仏教の勉強をしたいと強く願い、

大学に入り直し仏教を学び直す時代は知識だけでなく現場で活動をしたいと思いました。

 

いずれにおいても今やるべきことから目を背け、過去の選択肢に後悔しては、他人と比較をして羨ましく感じてしまいました。

他のことに手を出してはすぐに結果を求めて、また隣の芝生が青く見えてしまう私は、頭の中で常に「他人」という物差しで自らを測っていました。

まさに競争の中を一人で「生き急いで」いたのです。

 

 

最近ある変化がありました。

それは歩くスピードです。

20代の頃はいつも忙しなく、人混みを歩く際は他人を抜かしてはさらに歩幅を広げ、そして目的地に向かって無駄なく歩いていました。

その姿はどこか孤独で、何かに取り憑かれているかのようでもありました。

 

ところが子どもが生まれてからは、一緒に歩く機会が増えました。

歩幅を合わせるせいか、以前に比べてゆっくり歩くようになったのです。

子どもとは勝手きままなもので、当てもなく寄り道をしたり、「疲れた」と言って立ち止まったりと、全く思い通りになりません。

当初は中々時間通りに目的地に行けないことにイライラをしてしまうことがありました。

ですが、最近はなぜだかゆっくり歩いて見える景色も悪くないものだと思えるのです。

他人を意識することなく、また歩くことを頑張りすぎないからかもしれません。

 

 

坐禅坐禅の合間には「経行(きんひん)」という時間があります。

長時間の坐禅で足がしびれや眠気を取るためにゆっくり歩くのが経行です。

歩く坐禅とも呼ばれる「経行」ですが、その歩き方は次のように定められています。

坐禅を終えて立って歩く時は、必ず一息半趺の法を行いなさい。一息半趺とは、前に歩く際に半歩を超えないことである。その際、足を前に進めるのは、必ず一呼吸の間である」(道元禅師 中国における日誌『宝慶記』より)

いわゆる「一息半歩」と呼ばれるように、一息ごとに半歩ずつ歩みをすすめるのが経行のやりかたです。

あたかも「その場で止まっているかのように歩くこと」が経行の秘訣とも言われます。

 

私のお寺の坐禅会でもこの経行を取り入れています。

しかし、初心者にとってはこのゆっくり歩く行為が難しいようで、バランスを崩してしまったり、つい歩幅を多く取ってしまう時があります。

私はこの経行をしていると心がとても落ち着きます。

呼吸を意識してゆっくり歩くことが、心までゆっくりさせるのかもしれません。

 

現状に満足しない姿勢、向上心は人生においてとても大切だと思います。

ですが、それだけではいつか躓いたり、時には心が折れてしまうかもしれません。

「慌てない慌てない、一休み一休み」

アニメの一休さんの台詞を頭に反芻させながら、まずはゆっくり歩こうと思います。

f:id:tabisuruzensou:20220330222724j:plain

桜の散歩道

花に学ぶ

こんにちは!光彬です!
しばらくお休みをいただいており、
久しぶりの記事投稿をさせていただきます。
よろしくお願いいたします!

日中はようやく暖かくなってきて
境内や山々の花が咲くのが見えるように
なってきました。花粉症の私には
嬉しくも辛い季節です(笑)

そんな花にまつわる出来事です。
私は花に興味も無く、特段好きではありませんでした。
ですから、自坊の本堂に飾っている花の水換えや、
庭先にある花への水やりなんて一切
していませんでした。すぐ枯れるのに
なんで毎日毎日面倒なことをしなきゃならないんだ?
気がついた人がやればいいや、くらいに
思っていました。ですが、そんな気持ちが行動に
表れていたのか、東京の修行道場で、観音堂の花の
水換えをしていた時のことです。
いつものように水換えをするつもりでしたが、
普段より少し時間が掛かっていたので、
中の水を換えずに花に水道水をバシャーと
掛けて戻そうとしました。その場面をある老僧に
見られていました。
普段からそういう風に水換えをしてるの?と聞かれ、
いいえ、時間が押していたのでこれくらいでいいかと。普段は水を換えてジョウロや霧吹きで葉を湿らせてます、と答えました。そうすると、花も生きている。きれいな水を飲まないと具合が悪くなってすぐ傷んでしまうよ。人と同じではないかな?と言われました。
この時、私は、自分の都合や考えで一方的に
花を反故にしていたことに気付かされました。
公務通り毎日水換えをして、傷んだ葉を取ったり
霧吹きで水分を与えたりしてあげれば長持ちするのに
それを花のせいにしてきちんとやるべきことを
していませんでした。
人に対しても、優しくすれば相手も自分に対して
良くしてくれることがありますが、適当な態度を
とったり向き合うことをしなければ関係は
悪くなってしまいます。
生命で溢れたこの地球の中で、同じように
生命活動しているものは大切にしなくてはなりません。

これからはさらに注意深く生命に向き合い
大切にすることを忘れないよう務めていきます。
春の訪れもすぐそこまで来ています。
みなさまが心豊かな日々を送れるよう
お祈りいたします。

f:id:tabisuruzensou:20220308214819j:plain

結果にこだわるという事

みなさんこんにちは尚真です。3月になり日差しも暖かくなり、すっかり春らしくなってきました。

 

f:id:tabisuruzensou:20220302192029j:plain

ウメのつぼみが膨らんできました

 

つい先日まで中国の北京で冬季オリンピックが開催されていました。そして3月4日にはパラリンピックが始まります。東京オリンピックパラリンピックもついこの間のようですが、もう冬のオリンピックかという感じです。

 

これもコロナウィルスの影響で東京オリンピックが延期となったためですが、見る側としては楽しみが増えたような気になり、今となっては、これはこれで良かったのかもしれません。

 

選手やスタッフ、関係者の方々の気持ちを思いやると、様々な苦労の中で延期することなく開催されたことに安どされた事と思います。

 

さて冬のオリンピックの種目の中で皆さんはどの競技をご覧になったでしょうか?メダルの結果も影響しているかもしれませんが、視聴率の高かった競技は1位と2位がカーリング女子(決勝と準決勝)、3位がフィギュアスケート男子シングルだそうです。

 

そんな中、我が家での注目度が高かった競技はスキージャンプとスノーボードハーフパイプです。どちらの競技も前評判通りの活躍で日本人選手が見事金メダルを獲得しました。

 

日本人選手の活躍もさることながら、見ていて惹きつけられたのはやはり競技自体が持つ迫力だったかと思います。

 

スキージャンプの100mを超す大ジャンプや、ハーフパイプの縦横に何回転もするトリックなど、あの大迫力は夏のオリンピックでもなかなか見られるものではありません。

 

そもそも冬季オリンピックの種目は高スピードの競技や、高速で回転するような競技が多いように思います。氷や固められた雪の上での競技ですので、選手が失敗して転倒などしようものなら、見ているこちらまで痛くなる気がします。

 

ましてスキーのジャンプやハーフパイプは痛そう度合は金メダル級です。自分には到底出来そうもありませんがそういった側面も見ているものを惹きつける理由かも知れません。

 

中継の中でハーフパイプの選手のコメントが紹介されていましたが、「命懸けて競技に取り組んでいる中で、心の中では空を飛んでみたいという想いがある」とのことでした。

 

選手達は恐怖心と闘いながら、技や飛距離などの自分の限界に挑んでいるだけでなく、もしかしたら人類の限界にも挑戦し続けているのかもしれません。

 

このように自分の目標を目指して、技の完成度や順位などの結果に強くこだわることは、見方を変えると「執着」に似ています。

 

四苦八苦という言葉は皆さんにもおなじみの言葉ですがもとは仏教の言葉で苦しみの種類を表しています。この中に「求不得苦」という苦しみがあります。

 

これは求めるものが手に入らない事での苦しみを指します。求めるものとは物質的な物だけでなく、地位や名誉など欲望が満たされない苦しみも含みます。ですので私たちは執着を離れることで、苦しみから逃れることが出来るのです。

 

きっと選手の皆さんも思うような結果が出ない時期には、苦しみを抱えている事でしょう。周囲からのプレッシャーやトレーニングも重なって、さまざまに苦しんでしまいそうです。

 

そう考えると、選手の皆さんは執着を捨てる事とは真逆のように感じてしまいます。しかしそのような苦しみを隠しながら直向きに競技に打ち込む姿が、見ている人に感動を与えるのでしょうか。

 

普段の生活の中で、結果に強くこだわってしまう場面があるかと思います。そんな時には執着は捨てるばかりでなく、良い結果を生む執着もあるのだなと感じた北京オリンピックでした。

 

そしてそんな平和の祭典であるオリンピック直後に、残念なことに新たな戦火が生まれてしまいました。犠牲になられた方のご冥福を祈るとともに、一刻も早く停戦交渉がまとまり、被害が拡大しないことを祈ります。

 

遠い国で戦火に合われている方々に、私たちがしてあげられる事があるのでしょうか。私たちが今できる事は、もしかしたらただ祈る事しか出来ないのかも知れません。

 

せめて自分たちの周りで、どんなに小さな争いだとしても、これ以上争いを起こさないようにする事はすぐにでも出来ることだと思います。

 

このブログでも今まで色んな方が「同事」の記事を書かれてきました。どんなに意見や価値観が異なる人でも、今こそ「同事」の気持ちを大切にして、争いごとの無い生活にしたいと思います。