旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

友人への手紙

f:id:tabisuruzensou:20190320091938j:plain


みなさん、こんにちは。向月です。

以前このブログで『友人へ向けて』という記事を書きました。

その友人が2月に他界致しました。

以下、私事ながらその友人への手紙を書きたいとおもいます。

 

Tさんへ。

長い間、闘病生活お疲れ様でした。

1月に誕生日お見舞いした時は、時々眼を開けて何か話そうとしてくれたよね。

懸命に生きようとしていることが伝わったよ。

 

Tさんとの出会いはいつだったでしょうか?
スタジアムでサッカーを見たときでしょうか?

「息子がいつもお世話になってます」って言われたのを覚えています。

出会った時はもう病気を患っていて、それでも満面の笑顔で挨拶してくれました。

ご家族もみんな仲良しで、手を取り合いながら助け合っていたよね。

 

液晶のエンジニアだったTさん。一緒にご飯を食べに行ったとき「新しいテレビを考えてるんです」と話し始めた事あったよね。

「昔は一方的に流れてくる情報を視聴者が受け取るだけだった。今のテレビはリモコンでクイズに答えたり、アンケートに参加したりできる完全な双方向とまでは言えないが視聴者が参加することができるようになった。これからは、匂いや味まで伝えられるようなテレビができると面白いよね」と。

それを聞いた私は「テレビの向こうでオナラをしたら、その匂いが部屋中に充満するの?」と言い、2人で馬鹿笑いしたよね。

 

私が僧侶になろうと思うと言ったとき「僕はキリスト教徒だから仏教のことはよく分からない。だけど凄いね。頑張ってね」って応援してくれたね。とても嬉しかった。修行に行く前も、身体に気を付けて程ほどに頑張れって言ってくれた。

 

去年、私が大腸や胃の検査をしたときも「闘病10年の私がついている。きっと大丈夫!」とメールくれたね。とても心強かった。Tさんの家族からもメールやメッセージをもらったよ。本当に良い家族だなと思った。こんな家族になれたらと思ったよ。

 

いくら書いても足りないくらい思い出があります。

TさんやTさんの家族に生きる事の大変さや強さを教えていただきました。

今は、まだTさんを失った辛い気持ちで一杯です。一杯というより、心がポッカリと穴が開いた感じです。

僧侶として「覚」も「悟」も未だによくわからずにいる私です。お葬儀の時も言葉が出てこなくて、息子さんをただ抱きしめることしかできませんでした。

でも、これから先、私の目に映る人くらいはTさんのように強く明るくなってもらえるよう頑張ります。私の目に映る人が、少し幸せになるように。

私がいつまで生きられるか分かりませんが、次にTさんと会ったときはまた一緒にラーメンでも食べに行きましょう。

生きる事の強さと別れることの辛さを教えてくれたTさんに感謝しています。

TさんとTさんの家族に出会えたことに感謝しています。

本当にありがとうございました。どうぞ、安らかに。

 

萩野慈隆

実感のある生き方

f:id:tabisuruzensou:20190313095659j:plain

 みなさんこんにちは!慧州です。お彼岸を直前に控え、春を告げる陽気に包まれていますが、花粉症の私にとってはなんとも悩ましい季節でもあります。今回は先日行った鎌倉で感じたお話をしたいと思います。

 

 鎌倉といえば、長谷の大仏や臨済宗円覚寺建長寺など、お寺が多い観光地として知られています。私が行った日は快晴に恵まれ、北鎌倉駅から歩きながらついついカメラのシャッターを切ってしまうほど、どこを撮っても絶景になるような一日でした。

 

 今回訪れたのは臨済宗円覚寺でした。1282年に中国からやってきた無学祖元(12261286)によって創建されたこのお寺は、道や伽藍は整備されてはいるものの、どこか時代を感じさせる雰囲気をまとっていました。案内をしてくださった円覚寺の師家(指導役の僧侶)の方がこうおっしゃいました。

 

 「ここでは未だに薪割りをして、ご飯の釜を焚いたり、五右衛門風呂を沸かしたりするんです。確かに不便ではありますし、私も修行していた時は大変でした。でも、今振り返ってみると、あの修行はとてもありがたかったと思えるんです」

 

 有難い(ありがたい)とは「有ることが難い」と書きます。文字通り、その存在そのものが貴重であることを指しています。この感覚というものは現代社会においては中々得づらいものだと思います。

 

 例えば、現代の私たちはエアコンのスイッチ一つで簡単に暖を取ることができ、円覚寺で行われている薪割りは非効率的で前時代的な存在と思われるかも知れません。しかし、同じ暖かさでも、エアコンで得られる感覚と薪で得られる感覚は全く異なるでしょう。そこには「実感」があるかどうかという大きな違いがあるからです。想像を膨らませば、冬の寒い日にかじかむ手で懸命に薪割りをして得られた暖かさは何にも代えがたいものだと感じるのではないでしょうか。

 

 矛盾するようではありますが、この「実感」というものは言葉で説明したり数値で表われるものはありません。円覚寺で修行していない私が薪割りについていくら説明しても、その言葉には実感は伴っていないように。でも、この「実感」を得られるのはお寺での修行に限った話ではありません。

 

 この世界に生きている私たちが、今直面しているこの現実の中に「実感」は見え隠れしています。でも、それをつい見過ごしてしまっているのではないでしょうか。そして、その「実感」は人それぞれであり、自分自身にしか分かりません。

ふと、映画『燃えよドラゴン』でブルース・リーが放った言葉が心に思い浮かびます。

 

「考えるな。感じろ」

 

 頭ではなく、感じること。おろそかにしてはいけない教えだと思います。

登る禅僧その3 ~言葉一つで~

 みなさんこんにちは尚真です。花粉の季節となりましたがみなさん花粉症は平気でしょうか?ここ最近は特別編が続いておりましたが、今回からまた登る禅僧通常版をお届けしたいと思います。今回は、いえ今回も地元茨城の御岩山という山に登った時のお話です。

  

  御岩山は茨城県の北部、日立市にあります。日立市は「Inspire the Next」で御馴染みの家電メーカーHITACHI創業の地でもあります。そんな日立市にある御岩山は麓にパワースポットとして有名な御岩神社と言う神社があるとの事。 何やら噂では、「宇宙飛行士の向井さんが宇宙から光の柱を見た」とか。どんなところなのか以前から興味がありました。

 

  御岩山までは車で高速道路を使い1時間ほど。いざ着いてみると「常陸最古の霊山」との立派な看板があります。この日は天気も良く、また日曜日という事もあり、参拝のお客さんで非常に込み合っていました。

 

 御岩神社は日本で唯一神様と仏様をお祀りしいている神社という事で、多くの神様の中に混ざり、大日如来様、阿弥陀如来様をお祀りしているお社がありました。道中の安全を祈願して境内を抜けて登山道へと向かいます。

 

 事前にインターネットで下調べした所、割としっかりした山道なのでしっかりした装備で来るようにとの記載があったので私たちはいつもの軽登山スタイルで挑みましたが、神社にお参りにきてそのまま山に迷い込んでしまったような恰好の人が割と多く歩いていました。

 

 いかにも滑りやすそうな凸凹な山道を、サンダルにスカートのような軽装の人達と歩くのは、なんだかこちらがハラハラして心配になってしまいます。山の木々に囲まれ清々しい気分を感じつつも、なんだか普段の山とは違う妙な違和感を覚えながら山頂まで辿り着きました。

 

 すると頂上にはガイドさんと思しき人がいました。そのガイドさん曰く「テレビの影響で、迷惑なお客さんが増えている。なので迷惑行為が無い様に監視活動をしている」とのことでした。それは軽い気持ちで山を訪れる人を迷惑がっているような口ぶりでした。

 

 彼は山を守るために善意で監視活動をしています。また注意喚起をする事で登山客の安全も守られている事でしょう。ただあまりに迷惑そうな口振りだったので少し残念な気持ちになり、私たちは早々に下山して来てしまいました。

 

 下山の道中、私は修行時代にお世話になった人の言葉を思い出していました。「言葉一つで良い因縁にも悪い因縁にもなってしまう。悪い因縁を生まないよう、言葉には気を付けなさい。」と当時は口が悪かった私にその方は教えてくださいました。

 

 言葉一つで良い方向にも悪い方向にも伝わってしまう事はよくある事だと思います。私達僧侶はもちろんですが、皆さんも仕事場や家庭で人に大事な事を伝えたり、何か教えたりする機会はあると思います。そんな時は相手に対して良い因縁を生むような、良い結果を残すような言葉を選んでお話して頂ければと思います。私も十分気を付けようと思ったそんな出来事でした。

而今に学ぶ。6

 こんにちは。俊哲です。而今に学ぶ。第6回はインドを旅した時のことです。

 

 仏教では四大聖地と呼ばれる場所があります。お釈迦様がお生まれになられたカビラ国〔ルンビニ〕、お悟りになられたマガダ国〔ブッダガヤ〕、初めて説法をしたヴァラナシ〔サールナート〕、そしてお亡くなりになられた、入滅されたクシナガラという場所です。それらはルンビニ以外はインド国内にあり、またインド北東部にはお釈迦様が遊行された多くの仏跡があります。12月から3月までは気候が安定することもあり、世界中からたくさんの仏教徒が巡礼に訪れます。

 

 私は1月から2月にかけて訪印し、特にブッダガヤに滞在しておりました。ブッダガヤ滞在中は、友人僧のいるミャンマーの僧院と、日本人僧侶が住するお寺でお世話になっておりました。この日本人僧侶がおられるお寺というのは仏心寺といい、宿坊もあることから、私が滞在中は各国の巡礼者や仏教を学ぶ異教徒の方、日本人バックパッカーなど様々な方が泊まられておりました。

 

 毎朝仏心寺では朝の勤行があり、自由参加ながら宿泊者も一緒にお勤めをします。ある日、その勤行を終えインドと日本を行き来して10年になる仏心寺の住職さんがインドを旅してきた若者に問いました。「旅の間、盗まれたり騙されたりしませんでしたか?」と。すると、旅人たちは騙されそうになったことや、危険な思いをしたことを語り始めます。それを一通り聞き終えると、住職さんは「それがインドです。」と一言返しました。

 

それがインド

 

 戒律という仏教徒として守るべきルールの中で、やってはいけないことの最初に説かれていることに、『殺してはいけない。盗みをしてはいけない。夫婦以外の者と肉体関係を持ってはいけない。嘘を言ってはいけない。お酒を飲んではいけない。』といった五つの戒めがあります。お酒は飲んでしまうかもしれませんが、お酒を飲みすぎることはいけないことだと言えば理解いただけると思います。でも、この五つの戒めは”当たり前“の事だと感じられるのではないでしょうか。でも、この当たり前と思うようなことをわざわざ仏教では戒めとして説いています。それは、インドという地においてそれが全てではなくとも、戒めとして説く必要があったということです。

 

 世界中、多くの宗教でこうしたことはいけないことだと戒められています。日本も長く仏教国と呼ばれ、仏教の教えが私たちの生活に密接に関係しています。

外国を旅すれば、価値観の違いに出会うことは多く、それらと出会うことが楽しみであり、また気をつけることの一つでもあります。

いわゆる仏教国と呼ばれる国が、旅人達から旅をしやすいと言われるのは、こういった”当たり前”の共有があることも一つの理由かもしれませんね。

 

 

 今回お世話になったブッダガヤ・仏心寺さんにもご協力いただき、来年も訪印を予定しております。ご興味がありましたら一緒に仏教が始まった場所へ行きませんか?

f:id:tabisuruzensou:20190227044722j:plain

ブッダガヤ・大菩提寺菩提樹

 

お味噌汁のような

こんにちは!
各地では日夜の温度差に悲鳴をあげ、
場所によって暑い所も雪の所もある。そんな
不安定なお天気が続いていますが
だんだんと春の陽気が近づいてきたように
感じます* 光彬です、よろしくお願い致します。

先日、東京から山梨へ帰る途中のパーキングエリアでのことでした。普段はお手洗い休憩だけしてすぐに車に戻るのですが、ここ何日か雨が全く降らず乾燥しましたから喉が渇き、珍しくエリア内のカフェでテイクアウトで飲み物をお願いしました。
すると、店員さんがまたとても喜作な方で、
「山梨へ帰るんですか?」「普段もここで買われるんですか?」「この先も気を付けてお帰りくださいね*」「ありがとうございました」と、少し会話を交わしました。

私はその方の心のこもった言葉と笑顔にすっかりやられ、それまであった運転疲れが一気に吹き飛ぶような気持ちになりました*
営業スマイルでしょ?(笑) と、思う方もいるかもしれません(^^; ですが、またここで休憩するときには寄ろう!と、私に思わせるには充分すぎる言葉でした*


冷たいお弁当を食べたとき、何か物足りない、暖かいものが欲しくなると思うことはありませんか?
そんな時に飲むインスタントのお味噌汁が私は好きなんですが、安価な、たとえインスタントでも暖かいそれが普段の何十倍にも美味しく感じられるのです。その日、疲れていた私の冷えた心に、店員さんが添えてくれた暖かい言葉が嬉しくないことはありませんでした*


近頃、凄惨な事件や悲しい事故、そして憤りを感じぜずにはいられない報道等が毎日のように流れ、現代人の心の闇を垣間見る日々です。
このような出来事は、ニュースを見ている人にも伝わり、気が付かないうちに心を冷やしていく原因になります。
ですから、目の前にいる人と話をするときには、
暖かい言葉やお顔をしましょう*火のついた炭の上にまだ火のついていない炭を置けば、徐々に上の炭にも火が移っていくように、相手には暖かい気持ちが伝わりその人の心を温め表情を豊かにします*

どうかこの事を頭の片隅に置いておいて
頂きたく存じます*
f:id:tabisuruzensou:20190220102044j:plain

伝えることの難しさ

こんにちは、哲真です。

 

二月も中旬ですね。

暖かくなったり、雪が降ったりと季節も忙しい日々が続いております。

 

昨日と今日は宗務所(県内の曹洞宗の寺院を包括し、布教活動などを支援する事務所のこと)主宰の研修会に参加してきました。

(和尚さんと言われる方々もいろいろなところで勉強しているんです)

 

私は、夜中から朝方にかけて雪が降り積もっていたので、雪かきしてしてから車で一時間ほどかけて会場に向かいました。

 

到着すると、県内の寺院が集まっての研修会でしたので、かなりの人数参加していました。

f:id:tabisuruzensou:20190213133151j:plain

 

内容は、ハラスメントについて、仏祖正伝菩薩戒について、禅語について三部構成でした。

 

雪かきの後でしたので、かなり疲れが出て眠くなってしまうかと思ったのですが、最後まで無事研修を受けることができました。

 

正直、仏祖正伝菩薩戒に関しては私の知識不足、勉強不足があり内容を理解できまではいけませんでした。

 

ハラスメントは社会人経験もあり、いろいろな場面を体験してきたこともあり、また、今はどのようになっているのかも理解することができました。

 

禅語に関しては、「禅語を読む」という本の発刊に当たっての話しでした。

f:id:tabisuruzensou:20190213133837j:plain

禅語を読む

発刊に当たって、先ずは

「わかりやすく、伝わりやすく」

を意識したとおっしゃっていました。

 

これは、お坊さんの方々が読むだけでなく、檀家さんや一般の方々に読んでもらえるようにするためだそうです。

 

確かに、難しいことばや聞きなれない言葉を使うと、それらしく聞こえる場合があるそうなのですが、その方がおっしゃるには、

「その言葉を自分のものにしていないと、相手には伝わらない」

ということでした。

 

先人の言葉、受け売りの言葉をそのまま言うのではなく、その意味はどんななのか。どういう状況なのか。意図は何か。など様々な観点から調べて、自分なりの解釈をして、自分の言葉にしてから、その禅語の解説を発信したそうです。

 

そうすると、檀家さんや一般の方々から

「わかりやすい」

との評判を得ることができたそうです。

 

私も、檀家さんとお話しする時に、先人の方々がおっしゃっていた言葉をそのまま話したりしていました。

すると檀家さんたちはあまり理解していなそうな顔を感じることがありました。

 

折角、話しするなら伝えることが大事ですので、先ずは、その言葉を自分に落とし込み、自分のものにしてから相手に伝わる言葉で話すを心がけようと感じた研修会でした。

 

こういった研修会も御縁。様々な御縁に感謝しなければいけませんね。

忘れていること

f:id:tabisuruzensou:20190206213049j:plain

こんにちは。向月です。

 立春も過ぎ、時々春らしい暖かい日がありますね。

春物を着て出かけるには、まだまだ早いですが。

 

先日、ある方とお話しをさせていただく機会がありました。

それは、阪神淡路大震災(1995年1月17日)でお兄様を亡くされた方です。

その時、次の歌を教えていただきました。

 

「世の中は何か常なるあすか川昨日の淵ぞ今日は瀬になる」

 

簡単に意味を書くと、

「この世は、常に同じ状態のモノ(事柄)なんてあるだろうか。(例えば)飛鳥川を見てみると、昨日淵だったところが今日は瀬になっているように」

この歌は、誰が詠んだのかもわかっていません。そこがまた無常観をかき立てるところかもしれません。

 

その方は当時14歳、お兄様は17歳だったそうです。

地震が起こる前日の夜、お兄様とたわいもない喧嘩をしたそうです。

お兄様から借りていた漫画を汚してしまい、そのことを咎められた事がきっかけで喧嘩になってしまった。

その日は、口も聞かずに寝てしまった。次の日の早朝5時46分に地震が起こりました。

家の2階で寝ていたご本人とご両親は奇跡的に助かったが、1階で寝ていたお兄様は逃げる事ができなかったそうです。

お兄様との最後の会話が、口喧嘩だったことにとても悔やんでおられました。

この後悔があるので、今では人と別れる際、笑顔で挨拶をするようにしているそうです。

 

 

多くの方が、いつか死ぬときが来ると頭では分かっていても実感をされていない。

生きているのが当たり前に感じていると、いつか来る「死」のことを忘れてしまいます。

その時が来たとき後悔しない方法があるとすれば、今を一生懸命生きると言うことではないでしょうか。

最初に書いた歌の意味も、常なることなどないという無常観を表しています。

常では無いからこそ成長できるし、常では無いからこそ今を生きることができるのではないでしょうか?

 

震災に遭われた方とお話しさせていただいてから、改めてこのことを考えさせられました。あとどれだけ私に時間が残されているのかわかりませんが、何事にも一生懸命に自ら関わっていきたいと思うのです。

 

 

また別の旅では「名も知らぬ友人」ができたのですが、その話はまた今度。