旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

上山 ※前

f:id:tabisuruzensou:20210303110837j:plain

 

 

こんにちは、禅信です。

 

関東では、梅が開花の時期を迎え日によっては

春を感じる暖かい風が吹くようになりました。

 

 

10年前の3月2日私は永平寺の山門に立ちました。

今日は修行に入った日のことを想い返しながら記事を書こうと思います。

 

 

小学4年生10歳の時に私は得度式を勤めました。

長野県から伯祖父が来て、導師を勤め白衣を身にまとった私にお釈迦様の教えと仏道に入る覚悟を示して頂きました。

 

その年からお盆のお経参りを手伝うようになり、父や手伝いに来ていた叔父から

永平寺での修行生活の話を聞くようになりました。

 

話の初めは決まって

「雪が屋根まで積もってすごく寒い」

「お米が少なくなるとお粥の水の量が増えて天井が映る程に薄くなる」

「毎朝早く起きるから立ったまま寝てしまうくらい眠い」

「足音ひとつ、たくあんを噛む音ひとつで古参の和尚から怒られる」

 

厳しかったことから始まりました。

厳しい話をしながらも楽しそうに同じ経験をしてきた者同士盛り上がっています。

 

大人になったら自分も永平寺に行くことを考えると、子供ながらそんなところでよく3年、4年も生活できるなぁと信じられない思いでした。

 

 

しかし、話が進むにつれて

「屋根まで積もった雪山に穴を掘ってかまくらをつくった話」

「裏山に山菜を獲りに行った話」

「仏殿にある献供用の砂糖をこっそり食べた話」

 

 

永平寺で生活する中での楽しみや昔から変わらずにこっそり行う楽しみ、

同安居や古参の和尚さんとの思いで話で盛り上がり、

これから修行に行く私に、

「まだ修行に行けるなんて羨ましいなぁ」

そんな事を口々に話してくれました。

 

 

そんな話を聞いていると、修行生活への憧れが強くなると共に

修行とは何をすることなのか?そんな疑問が湧いてきます。

 

大学4年生になるといよいよ永平寺修行生活が目前に迫り修行の許可し願書を送りました。

その返事には3月2日上山を許可すると書かれています。

 

 

日にちが決まると、いよいよ緊張と、知らない世界に飛び込むことへの不安が残りの生活を支配しました。

上山前日は永平寺門前の地蔵院に宿泊して古参和尚さんから威儀、荷物の点検を

していただき3月2日上山の許しを請うべく山門に立ちました。

 

同じ日に上山を志した7人で静かで大きな門の前でひたすら待ちます。

 

何時だったのか早朝の静けさの中遠くのお堂から鐘の音が響いています。

それから、木版を叩く乾いた音、ひとけの無い山奥で鳴らしものだけが響きます。

 

3月になりますが山門には雪が残り、立ち尽くす私達の手足は感覚がなくなる程に冷え切っています。

 

1時間ほど経っただろうか、急に大きな足音が遠くの方から迫ってきました。

山の上にある本堂から階段や回廊の雑巾がけをする足音でした、

さっきまでの静けさが嘘のように沢山の雲水が目の前を通り過ぎます。

みんな黒い作務衣を着て裸足で雑巾がけをしていました。

 

顔を上げることはできませんが、荒い吐息が白く残り滴る汗が回廊に落ちる様子に修行僧の一生懸命な姿が映り、背筋に緊張が走りました。

 

 

回廊清掃が終わりしばらくすると客行和尚が私たちの前に立ちました。

 

 

※長くなりましたので次回の投稿時に続きを書かせていただきます。

 

 

お地蔵様

こんにちは、哲真です。

 

新年が始まりまったと思ったらもう2月の下旬になっておりました。時が過ぎるのは早いものです。

 

歳をとると時が過ぎるのが早くなるといいますが、本当にその通りですね。小学生のころなどは、一週間ですら長く感じ、月曜から「早く日曜日にならないかなー」と思っていたものでした。因みに、私が小学生の頃はまだ土曜日は休みではなく半日だけ学校に登校していました。時の話しだけでなく、歴史も感じさせてしまいましたね。

 

ところで、本日は24日です。皆様はこの言葉を聞いたことがあるでしょか。

 

「唵訶訶訶尾娑魔曳娑婆訶」

 

これは「オンカカカビサンマエイソワカ」と読みます。知っている方もいるかもしれませんが、これはお地蔵様の真言です。

 

真言とはサンスクリット語マントラの訳語で、「仏の真実の言葉、秘密の言葉」という意味があるものです。『大日経』などの密教経典に由来し、多くの大乗仏教の宗派で用いられる呪術的な語句のことです。

 

お地蔵様は観音様と同じくとても親しみやすく、皆様にとっても馴染のある菩薩様だと思います。お釈迦様が亡くなった後、彌勒菩薩が出現するまでの間に六道で苦しむ衆生を教化、救済してくださる菩薩です。とても優しい菩薩様とも云われております。日本では平安時代から広く信仰されるようになったようです。

 

私がいるお寺でも延命地蔵尊をお祀りしています。また、私は、寺社仏閣に出向くのが好きなのですが、お地蔵様はどのお寺にも大概いるような気がします。特にお地蔵様が六体並んでいる六地蔵をお祀りしている寺院が多いです。それに、通り道にはお地蔵様がいたりします。とても身近にいる菩薩様と言えるのではないのでしょうか。

 

毎月24日は地蔵菩薩の縁日です。それで私も本日は地蔵菩薩真言をお唱えさせていただきました。皆様ももしお地蔵様を見かけたら、手を合わせて「唵訶訶訶尾娑魔曳娑婆訶(オンカカカビサンマエイソワカ)」と唱えてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:tabisuruzensou:20210224080929j:plain

 

旅する中で忘れてはいけないこと

こんにちは。向月です。

みなさん、自粛生活お疲れ様です。ずいぶん、感染者数は減ってきたように感じます。

コロナ関連の情報などを得ようとテレビを見ていますが、毎日同じような

報道で飽きてしまい、最近ではテレビよりラジオを聴くようになりました。

 

先日、あるラジオ番組で約400年前の落書きが見つかったという

ニュースを聴きました。

岐阜のお寺で修復作業中に見つかったようです。

このような歴史的な落書きもあれば、過去には法隆寺のような

重要文化財に観光客が「○○参上!!」と言うようなものを

書いたりした事件もあります。

歴史的な建造物に落書きをするなどは許されるものではありませんね。

また、お寺や神社だけでなく色々な信仰の場所に知らず知らずのうちに

入ってしまうことがあります。

このようなニュースを見るたびに、私自身も過去の旅を振り返る中で、

あることを思いだしては恥ずかしくなっています。

 

 

20年ほど前、沖縄(八重山諸島)に初めて行った時の話しです。

石垣空港に着陸したときから、頭の中はパラダイスになっていました。

初めて巡る八重山諸島、青い空、白い砂浜、ハイビスカスにシュノーケリング

夜は泡盛と青い魚のお刺身で酒盛り。右も左も猫も杓子もみなパラダイス。

沖縄、さいこうさ~。っという感じで浮かれていました。

この旅の2日目からは石垣島から船で10分くらいのと頃に竹富島という

周囲が10㎞ほどの小さな島を巡ることにしていました。

私はこの島が好きで、今でも良く行きます。

 

f:id:tabisuruzensou:20210217102344j:plain

 

20年前は観光客も少なく、静かな島でした。

この小さな島をのんびり散歩するのが好きです。

散歩の途中、浜辺から少し森に入ったところに鳥居のある

神社を見つけました。島の神様かなと思い、せっかくだからお参りでも

と思いのこのと入って行きました。

神社の奥には石の祠があり、その前にお賽銭を置きお参りを済ませました。

その夜、民宿に泊まっている一人旅の方たちとの一緒に酒盛りになり、

お参りしたこの神社の話しをしました。

 

「沖縄にも神社があるんですね~。今日散歩してて見つけたのでお参りしてきました。」

 

そんな事を話した途端に、旅人たちのお酒を飲む手が止まり、

みんな黙り込んでしまいました。

そのうち一人の方が

 

「それは神社じゃないよ。御嶽だよ。島の人、しかも男性は入っちゃいけない

ところもある。その御嶽の神様が怒ると大変なことになる。」

 

と教えてくれました。

私は、ただの観光気分でうろうろ歩き回り、神社にお参り気分で

その土地の信仰の場所にのこのこと入って行ったと気づかされました。

その旅人の方がもう一つ教えてくれました。

「ここ(民宿)の女将さんは、神人(かみんちゅ)だよ。相談してみると良いよ。」と。

 

神人とは、島の御嶽で宗教儀式を執り行う方です。

その女将さんに事の顛末をすべて話すと、神妙な顔つきで

 

「そりゃ、ならん。マブイヤー(魂拾い)。明日、謝りにいこうね~」

 

と言ったくれました。

翌日、神人の女将さんと2人でその御嶽の鳥居の前まで行くと、

ここから先は入ってはいけない、鳥居の前で待ってなさいと言われました。

女将さんは一人で御嶽にお酒を持って入って行きました。

20~30分くらいたって出てこられました。

 

「神様、許してくれるってさ~。もう二度と御嶽に入るなよ~」

 

女将さんと民宿に戻り旅人たちに許してもらえたと告げると、

みんな自分のことのように喜んでくれました。

その後は、お決まりの宴会になりましたが、私の心は恥ずかしい気持ちで

いっぱいになりました。

旅の恥はかき捨てといいますが、かき捨てられないトラウマ級の恥でした。

 

 

旅の中で忘れてはいけないこと。

旅先の郷に入ったならば、郷に従うこと。

その場所独自の文化や風習、価値観、信仰があることを

よくよく肝に銘じなければいけないということ。

私は初めての沖縄の旅でこのことを忘れて浮かれていました。

傲慢で軽率な心を、民宿で知り合った旅人たちに教えられた気がします。

これからも良い旅ができるように、柔らかい心を持ち続けたいと思います。

 

また、別の旅では「土の味について語る人」と出会ったのですが、その話はまたいつか。

心の掃除

 

f:id:tabisuruzensou:20210210133230j:plain

みなさん、こんにちは。慧洲です。

早いもので2月も1週間過ぎました。

先週は関東でも春一番が吹いたように、少しずつ春が近づいてきています。

今日は日常的に行っている「掃除」について、思うことを話したいと思います。

 

掃除が好きな理由

私は昔から掃除が好きでした。

それは特別何かを考えながら行う必要がなく、ただひたすら手と足を動かせばよかったからです。

じっとしているとつい考え事をしてしまう私でも、掃除に没頭している間は集中でき、そして穏やかな心を取り戻していました。

掃除が好きな理由はもう一つあります。

それは、やればやるほど目に見えて綺麗になることです。

私達が日々行っている仕事や勉強の多くは地道なもので、すぐに結果につながるとは限りません。

時には無駄足だったり、解決しようがないことだったりすることもあります。

そしてその都度、「あーなんで駄目なんだろう」と一喜一憂してしまいがちです。

そういった意味では、掃除はすぐに結果が現れます。

目の前のホコリを払えば、間違いなく綺麗になるからです。

私にとって掃除している一時だけは

「よし、少しずつ綺麗になっているぞ。大丈夫だ」

とどこか安心できる時間でもあるのです。

 

「完璧」という欲求

しかし、何事も行き過ぎると良くないもの。

完璧主義になりがちな掃除を続けていると、いろんなことが気になってしまいます。

たとえば風が強い日。

お寺の境内で掃き集めた葉っぱが突風で吹き荒れると、またやり直しです。

するとつい「掃いたばっかりなのに!」と心の中で悪態をついてしまいます。

f:id:tabisuruzensou:20210210133235j:plain

せっかく掃除をして気持ちを落ち着かせられたにも関わらず、

「また綺麗にしなければならない」という思いがかえって私の心をかき乱していました。

それは掃除に対する「欲」であり、思い通りにならないことに怒る「我(エゴ)」でもありました。

そんな様子を見かねたのか、私の師匠である父から時々こんな言葉をかけられることがあります。

「掃除は大体でいいんだよ」

初めてこの言葉を聞いた時、私は理解できませんでした。

「そんなの手を抜いているだけじゃないか」と思っていたからです。

ですが、そうではないのです。

あまりにも完璧にやろうとしすぎている私の「我欲」を見抜いていたのです。

 

千利休が示した掃除

茶聖として知られる千利休は、掃除に関してこんな逸話を残されています。

それは師である武野紹鴎が庭の掃除を利休に命じた時のこと。

庭は既に綺麗に掃除した後にも関わらず、なお庭の掃除をするよう指示しました。

紹鴎は利休を試したのです。

すると利休はおもむろに樹木を振るい、敢えて落ち葉を散らしました。

そして、そのまま「掃除しました」と師に伝えました。

その様子を見た紹鴎は利休の才能を確信し、茶道の秘訣を伝授することになるのです。

f:id:tabisuruzensou:20210210133237j:plain

私達は塵一つない状態こそ良いものだと思って、一生懸命掃除をします。

ですが、よくよく考えてみればそのような状態は人為的に作ったものに過ぎません。

むしろやりすぎるとかえって不自然で、落ち着かない空間になってしまいます。

利休は、自然の美しさとは葉っぱがちょっと落ちてこそ生まれるものだと理解していたのです。

 

理想という欲を手放す

この利休の逸話を知ってから、掃除をしている時に葉っぱが落ちても許せる気持ちが芽生えました。

それは完璧にしなければならないと思い込む自分、理想とする自分を手放した瞬間でもありました。

「うまくいかないときだってある」

「慌てなくてもいい」

「ゆったり生きよう」

自然体な自分を受け入れることが、何よりの心の掃除となっています。

一期一会

おはようございます。拓光です。年が明けてから初めての投稿となります。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

2月は暦の上では春が始まる立春が訪れますが、まだまだ春とは名ばかりの寒さが続きますが皆様お元気でお過ごしでしょうか。

 

このブログ「旅する禅僧」はタイトルの名の通り、日々の出逢いや、旅をする中で発見したこと、考えたことをテーマにして毎回ブログを投稿しています。

今回ブログを作成するにあたってコロナ禍という自粛制限の多い中で、中々外出することが出来ず何を書いたらいいのかと正直悩んでいました。

 

この自粛生活の中ずっとステイホームをしていても気が滅入ってしまうと思い、車のみの移動であれば公共交通機関と異なり、他人と接する機会も全くないと考え、気晴らしに家族で久しぶりにドライブに出掛けることにしました。

車に乗って自分が住む市を少し離れるだけで心に降り積もったストレスが少し掃き清められたようなそんな爽快感を味わうことが出来ました。

 

 

 

そんな穏やかな空気の車中でふと妻とこんな話題になりました。

 

 

 

「あなたの座右の銘は何なの?」

 

 

 

「ちゃんと考えたことないけど、高校の卒業アルバムには一期一会と適当に書いた記憶があるなぁ」

と答えると、「お坊さんらしくていいね」と返ってきました。

 

帰路に就いてから「一期一会」という言葉を辞書で調べてみると、「一期一会」という言葉が仏教用語から成り立っていたことに驚かされました。

 

「一期」は、仏教用語の「一期」で人の生涯の間を表します。

「一会」も、仏教用語の「一会」で多くの人による集まり、会合を意味します。

 

この「一期」と「一会」が合わさって「一期一会」となります。

 

一期一会とは「一生涯に一度の会合」つまり一つ一つの出逢いは再び繰り返される事はないので、その時その時の出逢いを大切にしなさいという意味になります。

もちろん出逢いとは人と人だけのことだけではないと思います。例えばきれいな景色を眺めたり、芸術品に触れたりするのも一期一会だと思います。

出逢うものすべてに対して心を込めて触れ合い、その瞬間瞬間を丁寧に向き合うことで「一期一会」を大切にする心を積み重ねていきたいものです。

f:id:tabisuruzensou:20210203072724j:plain

『旅する禅僧』がオンライン坐禅会を開催します。

毎週水曜日このブログを書いてている僧侶が

オンライン坐禅会を開催します!

旅する禅僧と一緒に坐ってみませんか??

 
日にち:2月7日
時間:19時~(18時55分~部屋を開けます)
Zoom ID:81375609248(パスワード無し)
 
zoomで開催しますが、もちろんカメラを切って参加して
いただいても結構です。
坐禅が初めての方でも大丈夫!!
たくさんのご参加お待ちしております。

全部雪のせい?

 みなさんこんにちは尚真です。つい先日、二十四節気の一つである大寒を迎え、暦の上では、まさに今が寒さの一番厳しい時期と言われています。実際は今週になってだんだん暖かくなってきましたが、空気も乾燥していますので、体調管理には十分気を付けて頂きたいと思います。

 

 そんな冬の楽しみと言えば、スキーなどのウィンタースポーツが思い浮かぶ方も多いと思います。寒い冬が苦手な私も、学生時代からつい数年前まで、趣味でスノーボードをやっていました。毎年冬になるとスノーボードをしに東北や信越地方のスキー場に友人達と出掛けていたのを思い出します。

 

 冬の朝は日の出も遅く、出掛ける時間は大抵辺りは真っ暗です。高速道路に乗って雪山に向かう道中でだんだん周辺が明るくなってきて、川端康成の「雪国」の様にトンネルを抜けた途端に辺り一面銀世界になっていった時は、雪が降らない地域出身の人には、何度見ても興奮を覚える光景だと思います。

 

 スノーボードを長年していて思う事は、スキー場は他のリゾート施設に比べて比較的マナーが悪いように感じていました。それは、雪景色から来る非日常感やゴーグル等で顔が見えない事で普段はあまり取らない様な行動を、スキー場ではついしてしまうのでは無いかと実体験から感じます。

 

 そんなスキー場で最も問題となっていたのは、滑走可能エリア以外の滑走禁止エリアでの滑走では無いでしょうか。スキー場は安全に滑走出来るように、オープン前に圧雪と言って軽く雪を固めてあります。その整備されたエリアを滑走可能エリアとしてロープ等で仕切ってあります。

 

 しかし固められていないパウダースノーを求める人、木立の中や複雑な地形などのスリリングな滑走を求める人が、仕切りのロープを潜って滑走禁止エリアに入って行ってしまうのです。誰か一人が入っていくと、雪面についた板の跡を追って次々と人が入って行きます。

 

 滑走禁止エリアは、雪崩の可能性がある、怪我や事故が起こっても発見が遅れて重大な事故に発展する可能性があるなどの理由で、スキー場が危険と判断して滑走禁止としています。もしそこで事故が起きれば多くの人に迷惑が掛かる事は容易に予想できます。

 

 正直に言うと、私も禁止エリアに立ち入ってしまう人の一人でした。当時は雪崩を引き起こしてしまうかもしれない事、怪我をして動けなくなってしまったら誰にも発見されないかもしれない事、多くの人に迷惑を掛けてしまうかも知れない事等を全く考えずに、ただ自分が楽しむ事しか考えていませんでした。

 

 そういった行為が常習化し、どんどんエスカレートして行く事で、年を重ねる毎に小さな怪我をする事が増えて行きました。そんな頃に僧侶になるため修行道場に行く事になり、暫くの間スキー場から足が遠のき、それ以来スノーボードはきっぱり辞めてしまいました。

 

 道元禅師は善い行いも悪い行いも必ず結果として現れるとされています。そしてその結果がすぐに現れなくてもいつか必ず現れるので、日常的に己を律しないといけないと説かれています。

 

 もしあのまま危険な滑走を続けていたら、大きな怪我や事故を起こしていたかも知れない。また誰にも迷惑を掛けていないと、自分勝手で浅はかな考えでルールを破り続けていたかも知れない。そう考えると怖さや恥ずかしさで複雑な気持ちになります。

 

 つい先週、同じような事で大きな失敗がありました。山の草刈りをしたのですが、刈ったゴミの処理について近所の方にお叱りを受けてしまいました。自分勝手な解釈をしてゴミの片付けを怠った為、用水路にゴミが詰まって水が流れなくなってしまったのです。自分の浅はかな考えのせいで、無関係の人に迷惑をかけてしまいました。

 

 自分の都合の良い解釈で、人の迷惑を考えずに行動してしまう事が常習化してしまっているのでしょうか。過去の苦い経験を活かす事が出来ず、人に迷惑を掛けてお叱りを受けると言う悪い結果が現れてしまいました。私自身も行動を顧みつつ、読者の皆さんも私の様な失敗をしない様に思って頂けたら幸いです。

 

 

f:id:tabisuruzensou:20210127093614j:plain

雪が全てを隠してくれる訳ではありませんね