旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

新年を迎えて思う事

  皆さんおはようございます。尚真です。新年を迎え三週間ほど経過し、お正月太りも解消されて来た今日この頃です。本年も宜しくお願い致します。

 

 2019年は皆さんもご存じの通り、五月一日に年号の改正が行われます。また十月には消費税率の10%への引き上げといった、私達の生活に影響を与えるような出来事も予定されています。また翌年の2020年には東京オリンピックも控えています。

 

 そんな時代のターニングポイントとなるような2019年を迎え、年末年始にちょっとしたご縁があった方の影響を受けて今年の抱負を考えてみました。

 

 昨年の年末に千葉県にある温泉に行って来ました。その帰りに成田山新勝寺にお参りして来ました。成田山新勝寺は初詣で有名なお寺ですが、真言宗智山派大本山で、千年以上の歴史を誇ります。

 

 成田山新勝寺といえばうなぎが有名ですが、もう一つ有名なエピソードと言えば、歌舞伎役者の市川團十郎家との繋がりかと思います。

 

 初代市川團十郎は跡継ぎに恵まれなかったため成田山新勝寺で祈願。お陰で待望の長男を授かった初代團十郎は、その感謝を込めて不動明王をテーマにした歌舞伎を演じたところ、これが大ヒット。

 

 そこで成田山新勝寺に大神鏡を奉納し、屋号を「成田屋」に改めました。その「成田屋」の今の当主が、皆さんご存知、市川海老蔵さんです。

 

 年が明けて、海老蔵さんに密着したテレビ番組を放送していました。過去の暴行被害のイメージもあり、特にファンではありませんでしたが、数日前に成田山に行ったばかりだと言う事もあってか、番組を見てみる事にしました。

 

 番組の中で海老蔵さんは、成田屋お家芸歌舞伎十八番」のうち、現在ではあまり上演されなくなった演目の復活上演を積極的に行ったり、プロジェクションマッピングなど新しい要素を取り入れたりと様々な取り組みで歌舞伎の発展に尽力しています。

 

 また本職の歌舞伎の活動だけで無く、現代劇への挑戦やテレビ出演、植樹などの社会活動と様々な分野に挑戦していました。

 

 そんな海老蔵さんに倣い、私も仏道により一層励みつつ、様々な分野で何か自分にできることを見つけ、挑戦して行く事を今年の抱負とする事にしました。

 

 海老蔵さんは来年の2020年に十三代目市川團十郎を襲名する事を発表しましたね。2019年は皆さんにとっても大きな変革の一年となると思いますが、私にとっても良い方向に変化が起きるような一年にしたいと思います。

 

f:id:tabisuruzensou:20190122221155j:plain

市原ぞうの国には鼻を使って絵を描く象がいます!!

f:id:tabisuruzensou:20190122221204j:plain

成田山は雲一つない青空でした。

 

而今に学ぶ。5

 こんにちは。俊哲です。本年もよろしくお付き合いください。

 

 さて、私は以前にもこちらで記しましたが、色んな国や地域を旅するようになったのは、宗教とは、祈りとは何なのだろうかと疑問に思い、異国ではどうなんだろうかと思ったことに始まります。異国の文化に触れる中で、現在副住職としてお寺で暮らしておりますから、お寺の在り方、僧侶の在り方を考える日々を過ごしております。

 

 旅を通し、様々な祈りの姿を見てきました。時に亡き人の新たな生まれ変わりを良きものであることを願い、今生かされていることに感謝するものであり、新たな生命の祝福であったりと。仏様や神様に、時には亡き人や圧倒的な自然の力を神として、人々は祈るのです。そしてその時、祈りも多様でありながら、相対している仏様や神様が、祈っている人それぞれにおられるように私の目には写ります。

お経や、自分の願い、過ちを口に唱える者もいる。ただ静かに手を合わせている者もいる。嘘・偽ることのできない。否、嘘・偽っても仕方のない存在と相対する。祈りとは、祈る先におられる仏様や神様とご縁を結ぶ行でもあるのだと感じるのです。その時流れる時間は測ることができない神聖な時間で、またそういった場所はまた聖地となりうるのだと感じています。

 

そしてお寺とは、その“そういった場所”なのだと感じています。

 

 

 私の暮らすお寺は観光でお参りに来られるような方があるお寺ではなく、地域の方が昔から守ってきた、いわゆる一般的な田舎のお寺です。そんなお寺で日々を過ごしていると、やはり多くの祈る姿に出会います。

 

ある日の早朝、お墓参りに来られた方と話をすることがありました。

その日は戦争で亡くなられた顔を知らないお父さんのご命日だったそうです。ご自身はお孫さんも生まれ、幸せに暮らしていることを改めて報告に来たということでした。門前すぐにあるその方のご家族のお墓。お参りを終えたら門前よりお寺の本堂に向かって、ありがとうの言葉では足りない思いを込めて手を合わせるのだそうです。お寺に、お墓に来た時には必ず。 

 その男性のように、静かに手を合わせられる場であること。これがお寺のあるべき姿なのだと感じています。また、その場に暮らす“住職”、つまりは住むことが職となる私たちは、その場を提供するためにお寺を守る縁にあるのだとつくづく感じるのです。

 

 昨今、SNSを中心にメディアでも取り上げられた、僧衣を着てあんなことや、こんなことができるといった僧侶による動画の投稿が注目を浴びております。面白いと見た方や、親近感を抱かれた方もおられたでしょう。でも、僧衣を着て大道芸を披露することや、お寺の本堂でドラム演奏をすることが果たしてその静かな祈りを捧げる場に、守る者にふさわしいのでしょうか。僧衣でできることより、僧衣を着るのだから出来ないことがあるのではないか、私はそんな疑問をこのところ感じております。

 

 新年早々、僧侶界隈のニュースに違和感を覚えたので今回はそのようなことを書かせていただきました。

f:id:tabisuruzensou:20190116000426j:plain

夕暮れ時、静かなお寺に地元の若い女性がお参りに来られていた。ラオス・ルアンプラバン

f:id:tabisuruzensou:20190116000425j:plain

閉じられた教会の扉の前で祈りを捧げる参拝者。ペルー・リマ

 

只一人

f:id:tabisuruzensou:20190109000742j:plain

2019年を迎え、はや1週間と2日を経ちました。
今年もあと356日しかありません😞
光彬です。本年もよろしくお願い致します。

例年より比較的に暖かい冬を過ごしている山梨県ですが、徐々に雪が降る県がでてきました。
災害等なく此の冬を越せることを願います*


年末バタバタしていた私ですが、
年が明けて5日目位に少し落ち着きました🍵
このタイミングで、いとことその子供(4歳)が
遊びに来ることになりました。せっかくなので
パソコンでディズニーの「シュガー・ラッシュ
という映画を流して見せてあげました。

私もディズニーの映画なんて久しぶりだったので、つい姪っ子と見入ってしまいました(笑)

ゲームの世界でいつも悪役をしているラルフは、
正義の味方のキャラクターが貰えるメダルに憧れていました。ある日、自分がいるゲームの中で記念パーティーが行われますが、ラルフはそこに呼ばれませんでした。抗議しにいくと、メダルを取ってきたらパーティーに呼んでやる、と言われます。悪役はメダルを貰うことは出来ませんが、そこで、自分がいる世界から違うゲームの世界へ、メダルを獲りに飛び出してしまいます。
すると、ラルフが居なくなってしまってからゲームセンターが開き、1人の女の子がそのゲームをしようとコインを入れ始めました。ラルフがビルを壊し、それを正義の味方がどんどん直して得点を重ねるというゲームでしたが、壊す悪役がいないので何も直せず得点が取れません。女の子はその場を立ち去ります。ラルフを嫌っていたゲームの中の住人は
、悪役だからと嫌っていたラルフが実は必要不可欠な人物だったことに気が付きます。
(映画詳細以下略 ※ラルフ最終的には元のゲームに戻ります。)
又、悪役を辞めようと違うゲームに飛び出していったラルフも、1人1人が大切な役を担っていることに気が付きます。


この世界には一切ムダなものはありません。
逆に、一見ムダに見えるものも、自分と関わっていない見えないところで大切な役割を担い、歯車となって他との調和を保っています。そこに生があり意味を成すと私は感じています。

この元号が変わる新たな1年、
私も、私にしか出来ないことを見つけ
それに向かって研鑽、進歩できるよう務めたく思いました*
みなさん、今年の抱負はお決まりですか?





追記~
姪っ子は途中で寝ていました😪💤

今年もお願いいたします

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

こんにちは、哲真です。

とうとう新年になりました。

これからも本当にお願いいたします。

 

年末年始は何故かバタバタしますね。

そんな年末に入る前に、久しぶりに故郷の福島に行きました。

(私は、今は宮城県に住んでいるのですが、もともとは福島県の出身なんです。)

福島に住んでいたのは高校生までなので、実はかなり福島のことをわかっていない。

福島を運転していると、この道はあそこにでるハズが・・・でない。

ここに昔いった食べ物屋さんがあるハズが・・・ない。

ということがかなりあります。

それに、震災の影響で店や道が大幅に変わってしまったということが多くあります。

 

それ故に、福島に行っても「なつかしさ」よりも「新鮮さ」と感じます。

新たな発見という感じでしょうか。

様々なことが始めてのように感じてしまうんです。

年月が経てば、もっとそれを感じるんだろうな感じました。

 

 

福島では、浜通りに行きました。

福島は「浜通り」「中通り」「会津地方」と三つにわけて呼ばれます。

それは、奧羽山脈と阿武隈山地という山を区切りにわかれています。

その浜通りいわき市に行って、石炭化石館で、恐竜の化石や石炭を掘っていたときの歴史を展示しているところを見て、そして、あぶくま鍾乳洞もみてきました。

f:id:tabisuruzensou:20190102100606j:plain

そこはなんと、イルミネーションをしているではないですか!!!

鍾乳洞でイルミネーションを見れるとは思わず、びっくりしました。

これは、二月末までやっているようなで、福島に行く際は是非よってみてください。

イルミネーションは毎年テーマが変わるようです。今年は「イルカ」がテーマでした。

(このイルカが宮城県人ならみたことがあるハズ、某CMとそっくりで、それがツボにはいりました。)

 

福島に行ったのは、大きな儀式をしたので、ご先祖様に報告しに墓参りに行ったのが目的でした。福島はいろいろ変わっていたのですが、お墓のある場所あたりはあまり変化がないようでした。

そのように変化のないところにでるとホッとしました。

 

 

今回の福島では、新しいものと今までのものの両方の良さと感じることができました。

年末に思い出す宮崎君の事

f:id:tabisuruzensou:20181226133243j:plain

こんにちは。向月です。

早いもので、今年最後のブログとなりました。

来週はもう新しい年になってるんですね。

 

 

年末と言ったら、何を思い浮かべますか??

除夜の鐘、紅白歌合戦、大掃除など色々ありますね。

私は、年越し蕎麦を思い浮かべます。

私の兄は蕎麦アレルギーのため、我が家では「年越し蕎麦」ではなく「年越し焼きソバ」を食べる習慣になっています。

蕎麦の見た目が細く長いことから「健康長寿」「家運長命」などの縁起物として年越し蕎麦を食べるようになったそうです。由来は色々あるようで、私の地元では「一年の悪縁を絶つ」とも言われています。

 

私は、年末になると思い出す友人がいます。

大学時代の友人、宮崎君です。

彼の趣味は、お蕎麦を食べ歩くことでした。しかも駅のホームにあるいわゆる駅蕎麦を食べ歩くのが好きでした。

関東の駅にあるそば屋さんを巡り、どこが美味しいかランキングを付けるほどです。

(当時の彼のランキング1位は、JR我孫子駅弥生軒というところでした。ちなみに、写真はJR立川駅の名物おでん蕎麦です。)

 

宮崎君の得点項目は、美味しさはさることながら、お店の綺麗さや店員さんとの会話まで細かく付けていました。

彼はお店を出てから「ごちそうさまでした。また来ます!」とお店に感謝できるかどうかで点数を付けていました。

 

ある時、宮崎君の駅蕎麦調査に同行したことがありました。

駅蕎麦にはめずらしく、値段がそのままで麺の量を小盛り、中盛り、大盛りと選べる店でした。

私は嬉しくなり大盛りを注文しました。宮崎君は小盛りです。

せっかく同じ値段なんだから、大盛りにすれば良いのにと言ってみたら「大盛りは僕には多すぎるし、お腹いっぱいだと美味しさが半減する」と言いました。自分に見合った分だけをいただくというような事を言っていました。

 

 

 

現在の日本は飽食の時代と言われています。食べたいときに食べたいものを食べたいだけ食べることができる。今の日本では、なかなか飢えるということが少ないと思います。

そんな中で、私たちは(私は)必要以上に食べてしまう。

必要以上に求めることが自分を苦しめているんだと気がついたのは、宮崎君と話なしてからずいぶん後のことでした。

今の自分に必要な分だけをいただく。また、いただいた分量に見合った自分でいるかを自問する。必要以上に求めることをなくしていくことが大切だと思います。

年末になるといつも宮崎君との会話を思い出し、この一年、自分に見合った生き方ができたかを反省しています。

 

 

 

さて、今年7月に始まったこのブログも皆さんのおかげで年を越せそうです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

新しい年が、読者の皆様にも良い年でありますように。

寒い空と暖かい電車

f:id:tabisuruzensou:20181219084031j:plain

 こんにちは、慧州です。突然ですがみなさんは電車に乗る機会は多いでしょうか?車の運転が苦手な私にとって、電車は一番よく使う移動手段となっています。特に平日はお寺の外で勤めているため、毎朝通勤ラッシュの中、満員電車に詰め込まれる日々を過ごしています。電車の中は人だけでなく、日々の疲れからストレスも充満しているように感じられ、皆が到着駅まで堪え忍ぶように乗っているようでした。気づけば私も電車の中では、音楽やスマホ、読書といった自分の世界に没入することでなんとかやり過ごしていました。

 

 12月頭の早朝5時、時計のアラームが鳴り響く部屋の中、眠気と格闘しながら起き上がった私はいつもより早く電車に乗らなければなりませんでした。12月頭は坐禅を集中的に行う摂心という行持があり、私もある高校へ坐禅のお手伝いに行かなければならなかったからです。摂心期間中は朝早くに坐禅を行うため、始発で高校に向かわなければなりません。寒空の中、私は駅へと足早に向かいました。

 

 なんとか電車に間に合うと、そこはいつもと違う景色が広がっていました。当たり前ですが普段と異なり、朝早くの電車はとても空いています。ただそれでも何人か乗客はいます。サラリーマンだけでなく、部活の朝練に向かっている学生達、どこかの工事現場に行く途中の作業服を着た人などなど、様々な境遇の方が乗っています。何人かは音楽を聴いたりスマホをいじったりしていますが、やはり朝ということもあって寝ている方が多いです。足下から包まれる暖かい電車内での睡眠はとても気持ちがよいもので、私もついついウトウトしてしまいました。

 

 「乗り過ごしたら大変だ。」そう思い目の前を見ると、学生の男の子と隣のサラリーマンが互いに寄りかかって寝ていました。知らない人同士がくっついて寝る姿という不思議な光景に私はすっかり目が覚め、つい微笑んでしまいました。普段乗っている殺伐とした電車内が、こんなにも印象が変わるのかと驚いたからです。ガラガラの電車なのに全く面識のない他人同士が互いに寄りかかる姿は、本人達の意図ではなかったとしても、知らず知らずのうちに互いを支え合っていたのです。

 

 時と場合によって物事の印象が変わることはよくあります。それは電車に乗る時間も同様です。朝早くの電車はいつもよりゆとりがあり、お互いがお互いの存在を認め、許し合うような暖かい空間を生みだしているような気がしました。たまには早起きしての電車通勤も悪くないかもしれません。

登る禅僧 特別編 ~初めての海外にて思う事~

 皆さんこんにちは。尚真です。事前情報では今年の冬は暖冬との事でしたが、朝晩はグッと冷え込むようになってまいりました。皆様も風邪などを引かないようご自愛頂きたい今日この頃です。

 

 去る12月8日はお釈迦様がお悟りを開かれた日でした。それをお祝いするため、宗派に限らず日本中のお寺で成道会という法要が開かれます。

 

 お釈迦様は29歳の時に出家し、7日間の座禅修行の後にお悟りを開かれたと伝えられていますが、お釈迦がお悟りを開かれた時の年齢は35歳でした。私も現在35歳。気持ちを新たにする一日でもありました。

 

 

 さて話は変わりますが、先月初めて海外に行ってきました。行先は常夏の島ハワイです。滞在期間中は好天に恵まれてとてもいい旅となりました。今回はその時の話を少し。

 

 ハワイはアメリカ合衆国の州のひとつですが、実は日本からの移民を明治時代から受け入れていた為、寺院や神社が数多く存在しています。

 

 日本でも有名な出雲大社金刀比羅神社大宰府天満宮などの神社、またハワイ平等院には十円玉に描かれている鳳凰堂の精巧な1/3レプリカもあります。

 

 もちろん私共の曹洞宗のお寺もあります。その名も曹洞宗大本山ハワイ別院正法寺正法寺は今から約100年前の1913年(大正2年)に開山されました。 正法寺の近隣には在ホノルル日本国総領事館、他宗派の寺院が数多く存在し、その地域は別名「寺院通り」とも言われています。

 

 正法寺は、お盆やお彼岸などの年中行事だけでなく、冠婚葬祭や座禅をはじめバザーなどの様々な活動を通して、現地の日系社会のコミュニケーションの場としての大切な役割を果たしています。

 

 正法寺へは帰国の前日に参拝する予定を組んでいました。しかし参拝予定のその日の朝に、フロントからの電話で帰国日を一日勘違いしていた事が発覚、参拝は断念し急いで荷作りをして帰国の途に就きました。

 

 帰りの飛行機には無事間に合いましたが、楽しかった旅行の中で、唯一悔やまれる思い出となりました。残念です。。。

 

 初めて海外に行って感じたことは、『自分が「普通」とか「当たり前」と思って縛られている事は、狭い範囲の中での価値観であって、他の人には余り意味をなさない』と言うことです。

 

 自分と周囲との違いが許容できれば、怒りや妬み、差別や偏見なども無くなる様なそんな気がします。帰国後そのような気持ちで生活していると、ハワイの人達のように明るく、そして優しく暮らせているような気がします。

 

f:id:tabisuruzensou:20181212064215j:plain