旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

いつの世も

こんにちは。向月です。

朝晩、ずいぶんと冷え込む季節となってきましたね。

風邪などひかぬようご自愛ください。

 

沖縄によく行っていたのは以前話しましたが、今回は八重山地方の伝統工芸品についてのお話しです。

ずいぶん前、友人の結婚式に出席するため石垣島に行ったことがあります。

沖縄の結婚式は私の想像していた結婚式とは違いました。

披露宴会場には大きな舞台が有り、友人知人親戚などがそこで余興をするのです。

学芸会(文化祭?)のような雰囲気です。

歌に踊り、演劇なんかもやってました。4時間近くです。

まさに人生の一大イベントです。最後はみんなでカチャーシー踊ってお開き。それから二次会となるのです。

 

そんな披露宴会場にご両家の結納品や記念品が並べて展示してありました。

その中に八重山地方の伝統工芸品であるミンサー帯というものが有りました。

綺麗な藍色に染められたモノで、五つと四つの柄が交互に織り込まれています。

帯の両脇にはムカデの足のような柄が付けられています。

石垣出身の友人に聞いてみると「琉球時代の通い婚だったころからの風習」だと教えてくれました。

女性から男性に送られるもので五つと四つには「いつ(五)の世(四)までも、いつまでも(五)寄り添って(四)」という意味があるそうです。

また、ムカデの足柄には「足繁くお越しください(通い婚だったので)」という思いが込められているそうです。

いってみれば、女性からのプロポーズのようなモノだったらしいです。

(諸説有るようで、実際にはどうだったかは定かでありません)

なんて素敵な贈り物なんだと感心したのを覚えています。

 

結婚式の翌日、東京へ戻る飛行機の中から沖縄の海を眺めてこんな事を思いました。

自分たちの時代で作ったモノや起きてしまった戦争が、自分たちの子孫の時代になって事故や別の争いごとを引き起こしてしまう。

いつまでも、こんな事を繰り返してはいけないんだ。

友人夫婦やその子孫がいつまでも寄り添っていられるように、この綺麗な海(自然)を守らなければいけない。

私たちの時代で良い行動を起こせば、いずれ子孫の時代に良い結果として出てくるはず。

そのために、自然に優しく、争いごとのない生活を心掛けねばと。

 

また別の旅先で「伝統的な芋煮」をいただいたのですが、その話はまた今度。

 

f:id:tabisuruzensou:20181114102011j:plain

(私の三線もミンサー柄です。)

国籍に思うこと

 

f:id:tabisuruzensou:20181107161754j:plain

こんにちは、慧州です。先日、生まれて初めて物件探しというものをしました。東京生まれ東京育ちの私は一人暮らしの経験がないため、物件探しは少し不安ではあったものの、反面新しい生活に夢膨らむ期間でもありました。さっそくネットから探し始め、いくつか良い物件があったので、不動産会社へ問い合わせをしました。すぐにメールで返信が来たのでさっそく開いてみると、意外な返事が来ました。それは外国籍の方へ紹介する物件はないという返答でした。

 

ネットから問い合わせをしたので名前と連絡先だけを送ったのですが、おそらく私の名前の漢字から、外国籍と判断されたのだと思います。すぐに自分は日本国籍ということを再度連絡して事なきを得ましたが、国籍を理由に断られることは初めての経験でした。私は少しショックを受けると同時に、自分の心の中にある「日本人」という自覚に改めて気づいたのです。

 

国籍を感じる瞬間は今ではごく当たり前に起きています。例えば、東京ではちょっと歩くだけでもすぐに外国人の方とすれ違います。それは観光地だけに限ったことではなく、例えばコンビニに行っても店員が外国の方しかいないことが多かったりなど、まるでここは外国のようだと錯覚することが多くなっています。

 

その一方で、テレビ番組では日本に来た外国人へのインタビューや日本の良さを改めて強調する番組が増えているようにも思います。まるで自分が住んでいるこの国が何なのか、誰かに確かめないと不安で仕方ないかのようです。

 

最近ニュースでも国籍を意識することがありました。それは女子テニスの全米オープンに優勝した大坂なおみ選手のことです。彼女はハイチ人と日本人のハーフですが、幼少期からアメリカに住んでいたため、日本語をうまく話せません。それに対してネット上では「日本語がしゃべれないのに日本人なのか」という意見もありました。いわゆる「言語の壁」というものです。

 

国籍を規定するもの、果たしてそれは日本語を話せる能力なのか。それとも出生地や見た目、振る舞い、あるいは心意気によるものなのでしょうか。理想としては、そもそも国籍という枠組み自体が人間の勝手な物差しであり、同じ地球(あるいは宇宙)に生まれた同じ生命と気づくことかもしれません。しかし、私が物件探しの時に受けた疎外感の根底に存在する、「日本人としての自分」という事実を否定する自信も私にはありません。

 

私なりの答えは未だ出ません。ただ、物事に裏表があるように私たちの言葉や価値観には違いがあることに気づくこと。そして、それを理由に区別することがあっても差別はしない、そういう在り方を模索したいと強く感じるのです。

登る禅僧その2 ~山歩きは人生に似たり~

 皆さんこんにちは尚真です。明日から11月ですね。秋も深まり朝晩はだいぶ冷え込んできました。そろそろコタツを出そうかなと思う今日この頃です。

 

 秋も深まってくると、行楽といえばやっぱり紅葉ですよね!今回は紅葉のメッカ、栃木県の日光・鬼怒川温泉方面に出かけた時のお話です。

 

 まず初日は日光方面に向かいます。日光と言えば日光東照宮を代表する世界遺産群の「日光の社寺」。日光東照宮江戸幕府を開いた徳川家康を「東照大権現」として祀る神社ですが、明治維新での神仏分離により、日光東照宮二荒山神社・日光山輪王寺の二社一寺の形式に分離されるまでの1000年以上もの間神様と仏様を一緒に祀っていました。

 

 このように神道と仏教が一つになって信仰されている状態を「神仏習合(しんぶつしゅうごう)」と言って、そのような神社・お寺は日本中にたくさん存在していました。

 

 お参りに行った時間も遅かったので、輪王寺を拝観してきました。輪王寺には三仏堂という、東日本随一の大きさを誇る木造建築のお堂がありますが、現在工事中でその姿を目の当たりにする事は出来ませんでした。少し残念な気持ちで一日目は終了です。

 

 二日目は、鬼怒川温泉方面に移動しての山登りです。月山と言う山に行ってきました。山形にも有名な月山がありますね。こちらは地元の方にヤシオツツジの群生地として人気の山です。

 

 登山道の近くの駐車場から整備された道をしばらく歩くとダムがあり、そこから山道が始まります。

 

 山道をしばらく歩くと林の中の登山道から岩肌の露出した尾根伝いへと変わっていきます。登山初心者の私にとって初の尾根歩き!今までの林の中の登山道とは違い、右も崖下、左も崖下、高所恐怖症の私にとっては足のすくむ思いです。

 

 しかし後ろを妻が歩いている以上、怖がっている様子は格好悪くて見せる事は出来ません(実際は腰が引けていて、バレていたかも知れませんが…)。怖い気持ちを隠して山頂に歩を進めます。

 

 山を歩いている間は、普段のしがらみから解放されてか、いつも考えないようなことを色々考えてしまいます。山頂までヘッピリ腰で歩く間も、山歩きは人生と一緒だなと思って歩いていました。

 

 道中に恐れや不安があっても、目標に向かって一歩一歩、歩みを止めずに進んだおかげで、無事目標である山頂に辿り着けました。山頂から見る景色は、中腹で見る景色よりも格段素晴らしいものでした。

 

f:id:tabisuruzensou:20181031174634j:plain

而今に学ぶ。3

 俊哲です。今日は仏教徒の多い国、東南アジアにあるミャンマーを旅した時の話をしたいと思います。ミャンマーは経済の中心となっているヤンゴンはもちろん、地方にも非常に美しい寺院や金色に輝く仏塔があちらこちらで目にすることができます。

 

 私はミャンマー南部、タイとの国境近くのダウェイという町で行われた世界の仏教者の大会に参加し、その期間、寺院で各国の僧侶たちと衣食住を共にしました。

 開催地となったミャンマーから参加する僧侶が多く、色んなことを質問しながら毎日を送っておりました。ある時、僧院の外に散歩に出ると、通りに面したお宅の門の脇や、塀の並びに水甕が置いてあるのを目にしました。一体なんなのだろうか、そんな疑問をミャンマーの僧侶に聞くと、その水甕には水が入っていて、蓋の上に乗っているコップを使って誰でも飲んで良いものだということを教えてもらいました。喉の渇きで困ったり、苦しんだりする人たちへの施しとして、この水甕を置いておくんだということです。

実際、ミャンマー各地を旅していると、その水を飲む人たちを何度も見かけました。

 

 恐らく、喉の渇きで苦しむ人がいたならば、誰でも水を差し上げることと思います。ですが、門前に水甕が置いてあることで、誰でも飲んで良いですよと、顔を合わせることのない人へも施しているわけです。

 私には、それが全ての方への“お供え”のように映りました。お供えをするということは、神仏や亡くなった方へお線香や、お花、お水などをお供えすることと想像されると思います。その時、生きている我々がお花をプレゼントされたら喜ぶのはわかるけれど、亡くなった方へお花をお供えすることは何なのだろうかと思われる人があるかもしれません。お供えとは、プレゼントとは違うのです。誰か一人を喜ばせるのではなく、その行為によって誰の心をも暖かな気持ちにさせてくれるものなのです。墓前に供えられた花を見れば、亡くなられた方を忍び、その方とご縁のあった人達がこの世界に感謝を持って生きているということが、視覚でも、香りでも伝わるように。

 ミャンマーで見た水甕は、喉の渇きで困る人がいれば分け隔てなく施され、またその水甕の水は、人知れず朝のうちに毎日新しいものに交換されている。それは誰か一人の喉の渇きを潤す為ではなく、水甕があるのを見ればそこに誰かを思いやる気持ちがあることを見ることができます。分け隔てなく誰をもの苦しみを取り抜いてあげたい、楽しみを与えてあげたいと思う心を慈悲心と言います。慈悲の心による行いは、際した人達の慈悲心を大きくしてくれます。ミャンマーでは日常の光景かもしれません。外国人である私だからそう感じたのかもしれませんが、同じように私達の日常の中にも誰かの心を温かくする生活が出来ているでしょうか。

かくして、お供えをすることへの知見が広がったように思います。と同時に、私は本来の施しというものができているのか省みた旅となりました。

f:id:tabisuruzensou:20181024060023j:plain

門前に置かれた水甕

f:id:tabisuruzensou:20181024055947j:plain

僧院での式典前の様子

 

言刃から言葉へ

f:id:tabisuruzensou:20181017092248j:plain皆様こんにちは!
光彬(コウヒン)ですm(__)m
すっかり涼しくなり、秋ならではのものを
色々楽しめる時節になってまいりました*
涼しい環境で気持ちよく読書するもよし、
作物が実りそれをたらふく頂くのもよし、
清々しく汗を流しスポーツに身を投じるもよし!
良い季節ですね、秋は*

そんな、涼しさが我々の身を包んでいる中、
先日、沖縄県石垣島へ2泊3日の旅行に行って参りました*
あちらはまだ気温が25~30度近くあり、ジリジリと暑い太陽が私の肌を焼きました*
しかし夜になれば爽やかな海風と
満点の星空が、日中の暑さを忘れさせてくれました。

そんな夜に、ある居酒屋へ伺いました。
陽気になって、お店の人に話しかけてみると
「沖縄の人はみんな、みんなに優しいよ」とおっしゃっていました。店員さん以外に話しかけても楽しそうに、笑顔を見せて面白い話をしてくれました。

次の日、ある場所に行くのに行き方が分からず困っていると、島民のおじいちゃんが察してくれたのか声を掛けてくださり、さらにはその目的の場所まで乗せて行ってくれました!
申し訳なくも、お礼を言うと、
なんくるないさぁ~♪」と、錆びた車を再び走らせ行ってしまいました。とても気持ちの良くなった出来事でした。

我々人間は、相手の顔や声のトーン、話し方を受けて様々な思考に到ります。ですから、それらによって、嬉しい気持ちになったり、悲しい気持ちになったり、楽しい気持ちになります。
山梨に帰って来て、とあるアイドルグループに所属する若い女の子が、所属会社に脅され追い込まれて自殺してしまったと報道されているのを見ました。

"愛語"という言葉があります。
まるで、赤ん坊に話しかけるように、慈愛の心をもって優しく相手の心に触れることを指します。口から発せられた言葉は、相手を楽しくさせる素晴らしいものにも、相手をズタボロに壊してしまう凶器にもなります。
言刃ではなく、心からの言葉で
目の前の相手を生かせられる
人になりたいものですね*

動画ってわかりやすい

皆様こんにちは、哲真です。

私の住む宮城県では、秋の気配が感じられるようになってきました。

 

私がいる地域では、カメムシが大発生し、悩みの種の一つです。何が悩みかというと、匂いです。良い対処方法を知っている方がいらっしゃいまいしたらご教授願います。

 

さて、私がいる市では、PR動画を作っています。それも最近、第三弾が発表になりました。結構多い部類になるのではないかと思っています。

 

第一弾

Go! Hatto 登米無双 - YouTube

 

第二弾

登米無双2 - YouTube

 

第三弾

登米無双3 - YouTube

 

内容は確認していただいてのお楽しみ!

それこそPRになってしまいますが、是非見てくださいね。(もし見れない場合は検索してください)

是非、登米市に旅にお越しください。

 

 

また、県でも作成しており、これはいろいろな意味で話題になりました。「宮城県 PR動画」などと検索すれば出てくると思いますので、時間がある方は探してみてください。

 

 

動画はわかりやすくて良いですね。

お寺でも動画や、プロジェクションマッピングなどを使用しているところもあるようです。

やはり視覚的に訴えることも必要な時代なのでしょうか。

 

お寺は、昔ながらというものが魅力でもあると思われますし、また、先端の部分を活用していくという部分も、布教という意味で必要なことだと思います。

 

答えが出しにくい部分であります。

とりとめのない文章になってしまいましたが、これからに合ったやり方というのもできるだけ取り入れていこうかなと考えさせられたPR動画の話でした。

 

 

ちなみに、先週は「梅花流宮城県奉詠大会」に初めて参加しました。まだまだ練習が必要な感じでしたが、丁寧に心を込めて奉詠させていただきました。

f:id:tabisuruzensou:20181009184815j:plain

闘病中の親友に向けて

 

 みなさん、こんにちは。向月です。

私には大切な友人がいます。

今、彼は10年前に患った大病が原因しで、入院しています。

今回のブログは、その彼に届けばと思い書きたいと思います。

 

彼と出会ったのは、ずいぶん前。

東京都調布市にあるスタジアムでした。

お互い同じサッカーチームを応援していました。

出会った時にはすでに彼は病気を患っていました。検査のため何度も入退院を繰り返しています。

 

今年の7月にお見舞いに行ったときのこと。

上手くしゃべれませんでしたが、私の事は分かってくれて手を上げてくれました。

彼のリハビリも見せてもらいました。一生懸命起ちあがろうとするのですがなかなかうまくいきません。

それでもベッドに掴まり、杖を支えに立ちあがろうとします。

やっとの思いで車いすに乗ったときは、とても疲れた顔をしていました。

そんな時、彼の奥さんがアイスクリームを買って病室に来ました。

彼は美味しそうにアイスを食べます。彼と奥さんと私でアイスを食べながら話しました。

 

奥さんは「病気になる前は、普通に生活できるのが当たり前だと思っていた。今はこうして生きていることも奇跡に思える。生きていて有難うと彼に感謝している」と言われました。

 

「有難う」。有る事の難しさ。

いつもある生活や風景が、本当は当たり前じゃないと思ったときに「有難う」と言えるのだと思いました。

 

生きていることが当たり前じゃなく、本当は難しいことなんだ。

私も生まれたからにはいつか死ぬ。絶対に死ぬ。だから、今を生きなくてはいけないんだ。

この「有る事の難しさ」を感じながら、日々生活しなければいけないと改めて感じました。

 

帰り際、私も彼に「有難う。元気になってまた一緒にラーメン食べに行こうね」と感謝の気持ちを伝えました。家に帰ってからも彼と奥さんの力強い生き方に感動し、少し泣いてしまいました。

 

どうか彼が元気になって、また一緒にスタジアムに行けることを願って。

 

また別の旅では「ケンカの仲裁」をすることがあったのですが、その話はまた今度。