旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

而今に学ぶ。26

 こんにちは、俊哲です。暑かった夏がまだ昨日のように感じられますが、お彼岸も終わりすっかり秋本番となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 世界が未曾有のコロナ禍となってからのこの3年間。読者の皆さまも、3年という歳を重ね、社会の変化に加え自身の加齢という変化を経て、価値観や時間の使い方にも大きな変化があったのではないでしょうか。

 私自身もコロナ禍で海外への渡航機会を失い、同時にお寺で過ごす時間がとても増えました。それはそれでやりたかったことを始める機会ともなり、その一つで野菜作りや植物の世話を始めました。

 

 特に以前より興味があったホーリーバジルの栽培を始め、この3年間で収穫の楽しみや苦労を味あわせてもらっております。最近では花や葉を乾燥させ、お茶にして身近な方へお渡しすることができ、ありがたいことにお渡しした方から感謝の言葉をいただき、2度、3度と喜びを味あわせてもらっております。

 

このホーリーバジルはハーブの一種でとても強い香りを放ちます。それゆえにこの葉を食べる虫も限られ、シソ科のハーブを好むベニフキノメイガの幼虫が目立ちます。この幼虫は、手で触っても毒がないことから、薬品や殺虫剤を用いず、見つけては手で取り除く作業をシーズン中はずっと繰り返します。

 

 春先からハーブ畑に通い手入れをしていると、ハーブのみならず、畑周囲の雑草や虫たちも季節によって様々な姿を見せてくれます。

 

愛らしいてんとう虫の姿も

 

 

 涼しい日が増えてきた9月末から10月は、音色の美しい秋の虫も当然増えるのですが、夏の頃には畑で姿を見なかったスズメバチの姿をよく目にします。

 

 涼しくなったことで餌となるものが減ったスズメバチは先ほど述べた、蛾の幼虫や虫達を捕食するため畑に近づいてきます。この時期のスズメバチはそうした飢えによって殺気立ち、攻撃性を増していることから非常に危険と言われます。

 実際この時期に畑で見るスズメバチは、夏には捕食しなかった蛾の幼虫を狙うほどですから、殺気立っているのはその場に居合わせると非常によくわかります。

 

 

 

 私の祖父はスズメバチに刺され、アナフィラキシーショックでこの世を去りました。

そうしたこともあり、幼い頃からスズメバチの危険性を両親から口酸っぱく言われて私は育ちましたので、時期に関わらずスズメバチのことを人一倍気にしております。

 

 つい先日も畑からお寺に戻る道で、殺気立った大きなスズメバチとすれ違いました。

正面から飛んできたスズメバチに、思わず急ぎ身を低くして、頭上をビューっと飛びゆくスズメバチを見送りました。

次の瞬間には

「あっぶねー。」

と思う自分が居りました。

 

その正面から飛んできたスズメバチや畑の周りで狩りをしているスズメバチは、私の中で「死」を意味していることに気がつきました。

飛んできた鉄砲玉と同じようなもので、当たらなくてよかった、死ななくてよかったと安堵しておりました。

 

 

実際は、ただ懸命に生きているスズメバチの姿がそこにあるだけなのですが。

 

「あっぶねー。」と思っている自分とも距離を置き、冷静になると、

必死に生きようとするスズメバチの命と、祖父の命がたまたま交差をしたということがそこにあるだけだとわかります。

そして私も、先ほどすれ違った正面から飛んできた「懸命に生きる命」「死」の象徴が、私の命と交差するのが今じゃなくてよかったと安堵しているのだと気がつきます。

 

 

 実際は、いつどこでこの命が終わりを迎えるのか分かりません。

もしかしたら次の瞬間には…。

そんなことを頭ではわかっていても、その「死」への恐怖が可視化され、自身の目の前に現れた時、私は生きていることに安堵し、生きていたいと感じておりました。

 

スズメバチが見せた姿も、私が抱いた安堵も、どちらも懸命に生きる命に違わないものだったでしょう。

 

而今に学ばせていただきました。

ホーリーバジルの花。和名は神目箒。

天日干しをするホーリーバジル。インドの伝統医学アーユルヴェーダには「不老不死の霊薬」とも

 

 

#曹洞宗 #農業 #アーユルヴェーダ #ホーリーバジル #ハーブティー

#皆さん #スズメバチ には #気をつけて

随喜

こんばんは、禅信です。

ブログを書き始めて諸々しているうちにこんな時間になってしまいました。

 

当山の参禅会も賑わいを取り戻し、お寺の行事も徐々に再開され始めました。

 

今年から両大本山の二期法要にも山内だけでなく随喜の和尚さんや一般の

戒弟さんの参加を受け入れて1週間の修行を通して禅師様から、お釈迦様とのご縁(戒法)を頂く御授戒が修行されました。

 

私は永平寺を送行した次の年から、戒弟さん(禅師様からの戒法を受けるために参加する一般の方)の補佐をするお役を頂き、戒弟さんと共にお授戒会に参加させていただいております。戒弟さんと同じように私も普段は世俗社会で生活している為、永平寺での生活は刺激的なものです。

まだ暗い廻廊を坐禅堂へ向かい、修行僧と一緒に坐禅を組み、遠くに響く鐘の音を聞いていると修行当時の懐かしい想いと、一人で坐る坐禅とは違う独特の緊張感に自然と背筋が伸びます。

作法に従い食事をいただき、諷経では声を合わせて読経します。合間の時間も法堂正面から愛宕山を見晴らす景色や雲水の所作・威儀に触れ自然と襟が正されます。

 

 

1週間修行を勤め、28日の夜に戒法を授かる儀式を受ける戒弟さんの姿勢や表情は、23日永平寺に来た時の参加させてもらっているお客さんの顔から、真摯に禅師様のお言葉を受ける修行者の顔に変わっています。

 

『霧の中を行けば覚えざるに衣湿る』という禅語があります。

 

私も戒弟さん達と同じように、永平寺の生活に一週間身を置いて雲水さん達と生活する中で自ずと坐禅堂に向かい、まっすぐに礼拝し、典座さんの作った精進料理を頂く。そのすべてが行を修める心・姿に変わってきます。

 

今月も23日から29日まで永平寺では、『御征忌』(道元禅師の御命日9月29日の前7日の期間全国から和尚さんが集まり報恩諷経を勤める)が修行されます。

 

本山の手伝いを通して、日常生活を振り返り修行へと引き戻してくれる私にとってとても大切な時間となっております。

 

良い影響を与えてくれる環境に身を置くことは、知らず知らずのうちに私を良い方向に育ててくれる。そんな環境があることを幸せに感じます。

長年の積み重ね

こんにちは、哲真です。

 

八月も終わりですね。八月はお盆がありお寺としては忙しい月でもあります。それに加え今年は暑さも厳しい日が多々ありました。

 

お盆には多くの方々がお墓参りにやってきます。今年は訪れた方々に「庭が綺麗ですね」「花いっぱいだね」「すごい境内」などといわれました。それは、お盆に蓮の花がたくさん咲いていたからです。

 

蓮は、花言葉にあるように「神聖」や「清らかな心」の意味を持っていて、「悟りの象徴」としてお寺のいたるところに存在するというイメージでしょうか。仏像の台座は蓮の花の形をした「蓮華座」がもっともポピュラーかもしれません。また、観音様が蓮を持っている仏像もあります。

 

仏教の教えでは「泥中の蓮華」と呼ばれることもある蓮。そんな蓮という植物の特徴は、水中の泥に根づいて、水面より上に美しい花を咲かせることです。このように、不浄である泥の中から芽を出し、真っ直ぐに茎を伸ばして優美な花を咲かせる様子から、蓮は仏教の教えの象徴としてとらえられているということが云われています。

 

そういうわけで仏教にとって大事な花なのですが、咲く時期は6月下旬から8月初旬です。上品な香りを持ち、大輪を咲かせますが、花が咲くのは早朝の数時間だけで、3日ほどで散ってしまいます。その為、実はお盆の時期ちょうどに咲いているというのは結構珍しいことなんです。

 

当寺で蓮の世話は師匠が主に行っており、長い間育ててきて近隣の寺院からも蓮に関して聞かれたりしています。毎年、お盆前に見ごろを迎え、お盆になると数個の花びらが見えるだけで、ハチス(と言うのでしょうか?下の写真のもの)

 

こればかりがあるという状態でした。ただ今年は、咲く時期を見越して手入れの日にちを計算し見事、お盆の期間中に見ごろを迎えたのです。

 

これは、師匠の長年の経験と日々積み重ねた知識が合わさった結果です。人は何事も日々の生活のなかから多くの知識を得ることができます。自分が持っている知識を生かすも殺すもあなた自身であると、教えられた気持ちになりました。

 

夏の日、雑感。


 

 

 

連日、全国版ニュースでは各地での酷暑の様子を伝えていますが、

今年の北海道の夏は体感的には涼しく、時には寒いとさえ感じるほどです。

 

 

ただ、暑がりな私にとっては非常にありがたい夏となっております。

 

 

皆さまごきげんよう、俊宏です。

 

 

 概ね、この時期に記事やコラムを上梓する場合、

「お盆」について書いたほうがやはりいいのでしょうが、

「お盆」についての法話や文章はもうそこここに溢れかえっているので、

この件の話題に関してはよその優秀な方丈各位にお任せをし、

拙僧の方は通常運転で行きたいと思いますのであしからず。

 

 

 さて、最近、SNSや寺院会報などで情報を発信することが増えてきたのですが、

その折に当寺院の情報を付した「QRコード」を初めて作成しました。

 

 

 なにゆえ不勉強世間知らずお坊なもので、

こういったものに関して多大なる偏見&不安を抱えていましたが、

いざ手を付けてみるとびっくりするほどイージー&ブリージーでした。

 

 

ホントに便利な世の中ですね。

 

 

今でこそ当たり前な技術として存在している「QRコード」ですが、

気調べたところなんと発明・展開したのは日本人の技術者の方だったんですね。

 

 

 

当寺(札幌別院)のインスタグラムアカウントのQRコードです



 

だいたいこのような革新的なものは舶来品であることが多い様な気がしてましたが、

まさかのメイドインジャパン

技術大国日本、まだまだ捨てたもんじゃないですね。

 

 

ただ、個人的に一番関心するところは、開発者の方が誰でも無料でこの技術を使えるようにしたところにあると私は思います。

 

 

 実際、技術を独占して利益を上げることも出来たのでしょうが、

それをせず(開発者の原昌宏氏は一部の特許は取得されているそうですが)公共の利益に資する姿勢を貫いたそうです。

 

 

まさに利他の心をこの先端技術から感じました。

 

 

あくまで私の目の届く範囲でではありますが、

今の世の中は自分という存在が大きすぎる人が多い様な気がします。

 

 

もちろん、自分という存在もかけがえのない大切な存在ではあります。

 

 

ですが、それでも自分と他人の区別もなく、ごく自然に誰かの幸せを願えるような自身であれば、あるいはそんな人がすこしでも増えていけば自分を大きくなんてしなくても、所謂、幸せになれるんじゃないでしょうか。

 

 

まあ、言うは易し行うは難しですが、

前向きに日々を生きようとかそんなことをQRコードから教わった令和4年の夏でした。

 

 

 

 

追伸 

もし自分が「QRコード」の開発者であったら、

使用フリーにはしても自身が開発者であるのがパッと分かるように、

製品名くらいには爪痕残しちゃうなあ、、、

 

【TSコード(T=タニ、S=シュンコウ)とか】

 

なんて器の小さいことを同時に考えてた2022年の夏でもありました。

 

 

生きるとは いのちを頂くこと

おはようございます。拓光です。

連日暑い日が続いております。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

先日、遊説中であった安倍晋三元首相が銃撃され命を奪われるという悲しい事件が起きました。

この事件で犠牲になられた安倍元総理大臣のご冥福を謹んでお祈り申し上げます。

 

仏教には守るべき戒律がいくつかあります。その中の一つに不殺生戒(ふせっしょうかい)という戒律があります。

不殺生戒は読んだ字の通り「人の命を奪ってはいけない」という教えです。

 

仏教では御縁を大切にします。私達一人ひとりは沢山の繋がり合いがあって始めてこの世に産まれることができ、今現在も沢山の支えの中で生きています。人を殺めるということはこの御縁を身勝手に断ち切る行為であり、改めて言うまでもなく人を殺めるということはあってはならないことです。

 

しかし、私達人間は動物や植物などの生命を殺して食べなければ生きてはいけません。

お釈迦様は精進料理(肉、魚などを用いない食事)のみを食し、それ以外は口にしてはいけないと説かれたのではなく、私達人間のために差し出された、すべてのいのちに対して感謝の気持ちを持って頂かなければならないとお示しくださっています。

私達は他の命の存在に「生かされている」という感謝の気持ちを持つことが大切です。

その生かされている命を一生懸命生きることが、食糧としていただいた他のいのちを生かすことになります。

つまり不殺生戒という戒律は上記で述べた「人の命を奪ってはいけない」というだけでなく、「自分を支えてくれる、すべてのいのち(御縁)に対して感謝を生きる」と教えになります。

今こうして生きている私の命は、自分の力だけで生きているのではなく、多くのいのちの支えのおかげであると言うことができます。

 

最後にこれからお盆を迎えます。

故人が亡くなっても故人との思い出は私達の心の中に残ります。お盆に法事やお墓詣りをすることで、故人や先祖を思い出し供養することが出来ます。

故人との思い出を大切するということは、亡き人を忘れない(殺さない)ということでもあり、これも不殺生戒の教えを守るといってもいいのではないでしょうか。

 

法灯に照らされて

みなさんこんにちは。慧州です。7月もあっという間に後半を迎え、暑い日々が続いております。私がいる東京では7月盆でしたので、最近までドタバタしておりました。依然として感染状況は落ち着かないですが、昨年と比べると人々の動きが活発になっていることを肌で感じながら、お盆のお参りをしておりました。

 

さて話は変わりますが、先月上旬、私は久しぶりに新幹線に乗ってある場所に行って参りました。それは京都にある天台宗の総本山、比叡山延暦寺です。宗派を超えて三十人ほどの僧侶が集まる二泊三日の研修会に参加するためです。

 

延暦寺に行ったのは中学校の修学旅行以来で、約20年ぶり。当時の記憶はほとんど残っておりませんが、なんとなく山奥のお寺にお参りした思い出だけが残っていました。しかし、今は僧侶となってのお参り。伝教大師最澄が開いて以来、多くの祖師を輩出、特に鎌倉仏教の教えを説いた法然上人、親鸞聖人、栄西禅師、日蓮聖人、そして私が所属している曹洞宗の教えを説かれた道元禅師もかつて修行していた場所であり、期待を胸に抱いてお参りしました。

叡山ケーブル

京都駅から電車、ケーブルカー、ロープウェー、バスと乗り継ぎ、ようやくたどり着いた延暦寺ですが、まずその敷地の広さに驚きました。そもそも延暦寺という一つのお寺があるわけではなく、様々なお堂や塔を総称して延暦寺とされています。その中でも東塔、西塔、横川という3つのエリアで分けられており、私は総本堂の根本中堂がある東塔エリアに滞在しました。以前は修行体験者向けの道場があったのですが、現在はなく、今回はコロナ感染防止ということもあって一般の方も宿泊できる延暦寺会館で滞在することとなりました。

延暦寺全体図

会館からは琵琶湖と滋賀県坂本の町が一望できます。写真は起床時に撮影したもので、朝焼けの太陽、湖、山と、自然の恵みを一身に受けられる光景に感動いたしました。この比叡山という立地は山中にありながら町との接点も感じられる不思議な場所で、後述する回峰行と呼ばれる修行が始まったきっかけにも関わるものではないかと思いました。

琵琶湖と坂本の町

研修では、まず全体会として「コロナ禍における仏教伝道について」というテーマを元に意見交換・討論がなされました。コロナ禍になって早くも三年目を迎えているわけですが、これまで当たり前に行われていた対面でのご葬儀やご法事、あるいは法話坐禅会などお寺の活動がしづらくなった中でいかにして教えを伝えるかというテーマは、仏教僧侶にとっては宗派を超えて抱える大きな問題でもあります。他の宗派の僧侶の方々との交流もめったにないこともあり、活発な議論となりました。

 

また、起床してからは国宝である根本中堂においてお参りをしました。現在根本中堂は改修工事中ということで、周りは覆いで隠されてはいましたが、中では変わらずお勤めが行うことができます。

 

ご本尊の前には、1200年以上前から絶やすことなく灯し続けている「不滅の法灯」があります。「油断大敵」の語源の一つともされるこの法灯ですが、単なる灯りではありません。伝教大師最澄は次のように説かれました。

 

「明らけく、後の仏の御世までも、光伝えよ法の灯しび」

(仏の光であるこの灯火を、末法の先にいる弥勒仏がいらっしゃるまで後世へ伝え続け、全ての世の中を照らすように)

 

仏の教えを灯りに例えて、その教えを絶やすことなく伝え続ける意志の表れでもあります。たとえ、世界がどれだけ怒りや悲しみといったネガティブな感情に包まれたとしても、それを救う仏の教えは絶やすまいと1200年以上奮闘してきた歴史に、ただただ圧倒されるばかりでした。

 

その法灯を目の前にして、私たちはまず止観と呼ばれる冥想を行い、その後朝のお勤めを参加することになりました。いずれも曹洞宗でも近しい部分があり、前者は坐禅、後者は同じお経をお唱えするなど、宗派は異なれど同じ源流だったことを感じさせる体験でした。

 

また日中は比叡山延暦寺の西塔から東塔にかけて点在する様々なお堂や塔を歩きながら見学しました。特に最澄の悲願であった戒壇院は今回一番訪れたかった場所でした。

正式な僧侶となる出家儀式を果たす戒壇

 

ここからインド以来の伝統的な戒律(出家者としてのルール)ではなく、中国や日本仏教の特色である「菩薩戒」と呼ばれる新たな出家スタイルが生まれ、回り回って今の日本僧侶(もちろん私も含めて)、さらには葬儀等で授ける戒名につながってくるのかと感慨深く感じました。

 

盛りだくさんの研修となりましたが、実はもう一つ目的があります。それは、最終日に行われる回峰行と呼ばれる修行の体験です。それについては次回書きたいと思います。

姿を写す

皆様こんにちは!
光彬と申します
よろしくお願いいたしますm(__)m

数十年ぶりに6月中に梅雨が明け、全国で驚きの声が上がったと思えば、大雨、雹、干ばつと、国内の
違う地域で違う気候が猛威を振るっています。
災害に遭った地域の方には心からお見舞いを
申し上げます。
また、無事でいらっしゃる方もどうか
これから来る猛暑の夏、不規則な気候変動による
災害等にはご注意してお過ごしください。


さて、今回は当山で写経を行った時の話です。
私が住まわせていただいている長松院では
希望者からお電話をいただければ
写経体験を開いております。

先月のことですが、ある女性から
お電話をいただき、写経を行ってみたいと
言われました。初の写経体験希望でしたので、
少し嬉しながらも緊張しながら受け答えをし、
写経をする日にちが決まりました。
当日はお2人でお越しになりました。

時間前に本堂に入ってきて、緊張した面持ちで
挨拶をし、軽く世間話をしてから
写経を開始しました。
畳に座布団を敷き姿勢と呼吸を整えます。
写経用紙と筆を正面に置き、合掌三拝してから
摩訶般若波羅蜜多心経をお唱えします。
四弘誓願、南無釈迦牟尼仏と続けてお唱えし
ゆっくり筆を持ちます。

あとは時間の限り、ゆっくりお経をなぞりながら
写していただきました。
暫くすると、正座のせいか足がしびれて姿勢が
崩れてきました。大変そうでしたので
坐蒲(ざふ)と呼ばれる坐禅で用いる黒い
クッションをおしりに敷き、再度姿勢を
整えたら書くのを再開していただきました。


1時間半掛からないくらいでしょうか。
お2人とも書き終えて、納経していただきましたが、
終わった後のお2人の表情はどこか達成感と共に
安堵したような雰囲気でした。

無事に写経体験を終えられ、楽しそうに
帰られるお2人を見て、私も安堵しました。
そう思ったのには理由がありました。
書かれた写経用紙を拝見しましたら、
とても心のこもった字であったように
見えたからです。

写経は世間的には難しいというイメージは
ないように感じます。しかし、
般若心経であっても、262文字のこのお経を
初めから終わりまで集中して書くことは
とても大変なことなのです。私は、初めて
写経をする方が、集中を切らさず
字の乱れなく書ききることなど
無理だろうと勝手に思っていましたが、
その予想は裏切られたのです。

書いている時のお2人の姿勢を見て、
私は身心一如の教えを目の当たりにしました。
字の通り、体と心は1つの如くに
ということです。
姿勢、呼吸が整っているから心を表す字が乱れていない。又、心を表す字が乱れないから姿勢と呼吸も乱れることがない。そういう姿を感じました。


今回、写経を主催した私が、参加された方から
教わったような気持ちでした。
また写経のお申し込みをいただけたときには
私自身が1から自身を見つめ直し
取組んでいこうと思います。