旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

シンプルに伝える

はじめまして、哲真と申します。

暑い日が続いております、体調はいかがでしょうか?

西日本豪雨での災害、被災者の方々に心からお見舞い申し上げます。

 

 

私の住む宮城県はまだですが、東京などでは7月がお盆のところがあります。そうすると供養などでお寺に関わることが多くなると思います。

年回などのお寺で供養の際によく聞かれるのが、「供物は何をお供えしたらいいの?」です。

「お菓子と果物、それにお花を上げてください」といわれることが多いと思います。

実際、私もそう申し上げますし、修行の際もそうするものだと教わった記憶があります。

ただ、そう私もお話しさせていただくのですが、実際はどんなお菓子がいいのか?、果物の量は?と悩まれる方は多いと思います。

 

青森県の恐山に行く機会がありました。

恐山は、下北半島にあり、霊場として有名で、恐山菩提寺というお寺があり、御祈祷や供養に多くの人が訪れるところです。宿坊もあり、その中には、温泉施設まであります。また、イタコの口寄せが行われるところでも有名です。

そのお寺での御祈祷や供養を拝見させていただく機会があり、法話を聴くことができたのですが、話している内容が実にシンプルでわかりやすい。

「供物などは、好きだったものや、食べてもらいたいものをお供えしてください」

「お菓子や果物以外でも、お供えしたい物があったら何でもいいです」

「もし、洋服をお供えしたければ洋服もどうぞ」

「お供えするという気持ちが大事なのです」

とおっしゃっておりました。

洋服もお供えするのかと驚きましたが、聞いている方々は、うん、うんとうなずきながら、感心していました。

 

これが正解、不正解といった事ではなく、お寺や宗派によっても違った見解はあるでしょう。しかし、そのシンプルな内容が聞く人を納得させ、感心させていることを知りました。

 

檀家さんにお話しするときは、仏教用語を使って難しい内容で話してしまうことが多くなりがちでしたので、シンプルな内容も取り入れていこう思った出来事でした。

 

 

 

私のいるお寺の庭に蓮の花が咲き始めました。お寺に蓮は似合いませんか

f:id:tabisuruzensou:20180717175049j:plain

「相互依存」の心地よさ

初めまして、向月と申します。

今回は「相互依存の心地よさ」を感じた話をさせていただきます。

相互依存と聞くとあまり良いイメージを持たない方もいるかもしれませんね。

しかし、身近な相互依存で心地よいと思える経験をしましたので、その時のお話しです。

 

私は一人旅が好きです。20数年前、よく行っていたのが、沖縄です。

沖縄といえば現在は観光アイランドとして有名ですが、当時はまだ人も少なく、静かな島も残っていました。

私が当時よく行っていたのは、八重山諸島。特に竹富島、黒島といった小さな島でした。

 

竹富島に行ったとき、民宿のオジーから三線(沖縄の三味線)を教えてもらいました。

1週間、宿泊したのですが、その間に3曲ほど弾けるようになりました。

三線の音色や沖縄の雰囲気に完全にハマってしまいました。

 

東京に戻ってきて、早速三線を買い、毎日練習していました。

あるとき、公園で弾いていると、おばあさんが立ち止まって聴いてくれました。

そのおばあさんは、沖縄に近い鹿児島の離島出身の方で、三線の音色が懐かしいと言っていました。数分お話しをし、おばあさんは帰っていきました。しばらく練習していると、さっきのおばあさんが戻ってきたのです。手にはパンとお茶を持っていました。

「お昼まだだったら、どうぞ。癒やされたので、そのお礼よ。」

そう言って、パンとお茶を渡してきました。

私はそのおばあさんの好意を大変うれしく思いました。

 

当時、私は無職でした。「自分には何もやりたいことがない。できることがない。」そんな思いを抱えて過ごしていました。

そんな時にこのおばあさんと出会ったのです。おばあさんが私の三線に「癒やされた」と言ってくれたとき「何もなくても何かを人に与えることができるんだ」と感じました。

 

 

人は一人では生きていけず、常に誰かと何かと関わり合って生きています。何にも依存せず自分一人で生きることはできません。みんな相互依存の中で生きているのです。

このおばあさんとの関わりは「三線で癒やされる」と「パンとお茶をいただく」といったものでしたが、お互い話をする中で打ち解け合い、気分が良くなることができました。お金やモノのやりとりではなく、心のやりとり。

Give & Takeを超えた“お互い様”で支え合う相互依存の心地よさを感じた話でした。

数年後、旅先で「ありがたい」と感じることに出会うのですが、その話はまた今度。