旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

出逢い

f:id:tabisuruzensou:20211013094430j:plain

こんにちは、哲真です。

 

私が前回書かせていただいた時は、オリンピック開幕直前でした。時が経つのは早いもので十月になりました。この時期になると、刺激すると強烈な匂いを発する虫が多く出現しますので、常に足元や行く先の状況を確認する毎日です。

 

皆様は朝ドラを見ていますか。実は今の朝ドラの舞台である登米は私がいるところでもあります。そろそろ終わりに近づいてきており、今は気仙沼での話です。その為、私は毎日欠かさず視聴させていただいております。

 

その朝ドラでは、気象予報士になり活躍するというものが主な内容なのですが、そこで空と海と山はつながっていることがテーマになっていたようです。水がそれらをつなぐキーワードなのでしょうが、空も海も山もどれが欠けても今の自然は成り立たないのだと思います。

 

以前、大勢の子どもたちに簡単な絵を描くお手伝いをさせていただいたことがあります。全て葉っぱの絵を描いてもらったのですが、一つとして同じものはなく、緑の力いっぱいの葉っぱであったり、カラフルな葉っぱ、紅葉の葉っぱ、またシソの葉を描いていた子もおりました。

 

その葉っぱであっても、木になり、そして落ち葉となり、その土地の栄養になり、他の植物を大きくさせるという循環があります。全ては繋がっています。その一つが欠けたり、淀んでしまってはまったく違う物になってしまいます。

 

今の私も同じで、今の状況を作り上げたのが人々との出逢いでありました。様々な方々に助けられ、そしてお寺に僧侶としていさせていただけるのも出逢いがあったからです。一つでも欠けては今の私は存在していないと思います。また、善き方々に出逢えたということは私の幸運な事でした。

 

お寺の法話などに参加された事がある方はご存知かもしれませんが、始まる前に開経偈という偈文をお唱えします。

 

無上甚深微妙法(むじょうじんじんみみょうほう)

百千万劫難遭遇(ひゃくせんまんごうなんそうぐう)

我今見聞得受持(がこんけんもんとくじゅじ)

願解如来真実義(がんげにょらいしんじつぎ)

意味としては

あまりにも深淵で、きめ細やかな教えは

永い永い時をへても巡り会うことは難しい

いま私はお経を見、聞き、教えを拝受することが出来ました

願わくはみ仏さまの、真実の教えを理解させてください

となります。

 

正しい教えや、善き人との出逢いは永い永い時をへても巡り会うことは難しいのです。開経偈でいっているのは仏さまの教えに関してですが、この世の中で起こるすべての出逢いも同じことです。

 

この秋、あなたにとっての大事な出逢いを思い出し、そのご縁に感謝する時間を作ってみてはいかがでしょうか。

 

自然とともに

f:id:tabisuruzensou:20210929142741j:plain

皆さん、こんにちは。向月です。

9月に入り、急に寒くなったり、そうかと思えば梅雨のような蒸し暑い日が

あったりと、服装に困る天気が続きますね。

お寺での生活では、境内の掃除(作務)やお墓参りでお経を読んだりと

屋外での活動が意外と多くあります。

私は毎日夕方のニュースなどで、天気予報を確認することにしています。

明日は晴れるのか雨なのか、暑いのか寒いのかをチェックしています。

最近、天気予報では「経験したことがない豪雨」や「観測史上の最高の気温」、

「去年の○○倍の花粉」など良く聞きます。

毎年なにかしらの気象災害が起こっているように感じます。

 

私の師寮寺(師匠のお寺)のある島根では、

今年7月~8月に大雨に見舞われました。

8月はお盆の時期です。今年もお檀家さんのお宅を周り棚経を

お勤めさせていただきました。

お盆の始まる8月初旬は毎日が猛暑(酷暑?)でした。

夕立も降らないカラカラの天気。

しかし、8日から9日にかけて台風が九州から中国地方を直撃しました。

8日の昼過ぎから天気は下り坂、夕方には雷と土砂降りの雨。

仕舞いには、停電まで起きてしまいました。

停電になると、当然ですが照明もテレビもエアコンも電子レンジも

何もかも使えなくなります。

現代は電気に頼った生活だと言うことを改めて感じました。

 

電気の音がしなくなると、雨の音がいつもより大きく聞こえてきます。

薄暗い部屋の中で雨の音を聞くのも静かで風情があるなと思いました。

結局、停電は4時間近く続きました。

風情を感じていたのは始めだけで、1時間もすぎると蒸し暑い部屋の中で

うちわを仰ぎながら閉口していました。

 

お寺は高台にあるので、水害はありませんでした。

高台から県道あたりを見渡すと、30分前まで田んぼだったところが、

30分後には川になっていました。

あっという間の増水に驚き、自然の怖さを感じました。

f:id:tabisuruzensou:20210929142834j:plain

(雨が降り始めて30分後、田圃は川のようになりました)

 

これまで、何かの災害が起こるとその後色々な対策が行われてきました。

治水工事や防波堤、気象予報(警戒情報)やハザードマップなども

整備されてきました。

そのお陰で、被害は減ってきているのだと思われます。

しかし、自然は簡単に人間の想像を超えてきます。

やっぱり自然にはかなわない。

色々な対策をしても「これで完璧」ということはなくて、

今考えられる対策をしても被害を受けることもある。

これからも「よりベター、今よりもっと」を追い求めなければ

いけないと思います。

また、自然と闘うのではなく、自然と一緒に生きていると言うことを

今一度考える必要があるのかもしれません。

電気のお陰で、生活は便利になりました。

その電気がなくなった途端に生活が止まってしまう。

個人的には、定期的に電気のない生活をしてみるのも

良いなと感じました。(避難訓練のように)

 

今週末も台風が近づいています。

台風の通り道やその近辺の方々、どうぞお気をつけてお過ごしください。

諦め

f:id:tabisuruzensou:20210915095317j:plain


みなさん、こんにちは。慧州です。夏から秋へと移り変わり、マスクを着けていてもだいぶ息苦しくない季節になってきました。

 

3年前から始まった旅する禅僧ですが、実は今回の記事で私の担当が21回目を迎えていました。定期的に「何かを書く」という経験はこれまでなく、試行錯誤の繰り返しでした。

初めはこれまで経験したことを思い思いに書けたため、そこまで苦にすることはありませんでした。ですが、段々記事を積み重ねていく中で、話のネタというものが思いつかなくなり、困ってしまいました。結局、今回の内容についても1週間以上苦悩しつづけていました。

 

そんな時、たまたま観ていたテレビ番組で、「人間のひらめき」に関する特集が流れていました。最新科学によれば、なんと1日に2~3時間は何も考えない時間が「ひらめき」につながりやすいという結果が示されていました。その理由は、考えないことが、頭の中にある一見関係のない記憶同士を結びつけて、新しいアイデアなどにつながるからだそうです。

では、忙しない現代社会において、何も考えない時間を設けるにはどうすればよいのだろうか。そう思っていると、とても簡単な方法が紹介されていました。

それは、散歩です。外の景色を眺めながらゆったりと歩くことが、ひらめきには有効だそうで、番組内でもある研究者が定期的に散歩する時間を大切にしていることを紹介していました。

よくよく考えてみれば、人が何かを考えて煮詰まる時に、体を動かしたり、他のことに集中することで問題を打開することは、昔からよくある話です。

 

ある禅僧にこんなエピソードがあります。

香厳智閑(きょうげんちかん。?~898)という中国僧が、かつて悟りを求めて一生懸命修行に励んでいました。とても聡明で、博識な方で知られていました。しかし、いくら学びを深めても、悟ることができませんでした。香厳禅師は自らに絶望して悟ることを諦め、「絵に描いた餅では飢えをしのげない」と、それまで集めていた、大切な書籍を全て焼き払ってしまいました。

時は経ち、草の庵を結んでいた香厳禅師は庭掃除をしていました。すると、たまたま持っていた箒が小石を掃き飛ばし、その小石が近くにあった竹にぶつかりました。そのぶつかった音を聞いて、香厳禅師はたちまち悟ったというのです。

このお話では、香厳禅師が自然の声という真理を聞いたから悟ったと言われています。しかし大事なのは、それ以前に真剣に悩んだということ、そしてその悩みを諦めることで初めて気づいた事実だということです。もしそうでなければ、私たちはいつも自然の声を聞いて、悟ることができるはずです。

そして、「諦める」という言葉には「もう希望がないと断念すること」という意味で捉えられますが、仏教的には「明らかにすること」という意味があります。ひらめきという名の気づきは、まさに悩み抜いた結果、自ずと明らかになったことなのです。

 

「時には諦めが肝心」

悩み抜いて問題を一度放っておく余裕が、今の私たちに必要なのかもしれません。

東京パラリンピック2020

f:id:tabisuruzensou:20210901145544j:plain

秋の味覚 栗 すっかり秋めいて来ました


みなさんこんにちは尚真です。新型コロナウィルスの影響で1年延期されていた、東京オリンピックが終わり、今はちょうど東京パラリンピックが開催中です。

 

オリンピック・パラリンピック期間を通して世界中の選手・関係者が日本を訪れています。今後ワクチン接種が進めば、私たちも以前のように自由に旅することが出来るのかなと期待しています。

 

私は先週1回目のワクチン接種を行いました。しかし既にワクチン接種が進む諸外国の事例を見ると、ワクチン接種だけでは感染の予防効果は絶対ではないと言います。

 

またワクチンを接種すること自体についても、副反応などの不安が残ります。接種後もしばらくの間は引き続きの自粛生活となりますが、このコロナ禍に出口が見えてきたと信じたい今日この頃です。

 

さて、現在開催中のパラリンピックですが、パラリンピックご覧になっていますか?皆さんはパラスポーツにどのくらい興味をお持ちですか?

 

実は私もこれまではパラスポーツについて特に関心を持っていたわけではありませんでした。そんな折に、パラリンピアンを紹介する情報番組を、開幕前に偶然目にしました。

 

番組内で、病気で目が不自由になってしまったマラソン選手は、「目が不自由に産んでくれてお母さんありがとう!」と満面の素敵な笑顔でインタビューに答えていました。

 

またある両腕が無い水泳選手は、普段は会社勤めをしているそうで、その勤務の様子が紹介されていました。足を使って電話に出たり、足の指でPCのキーボードを打ったりしていました。その様子は私が手で打つよりも高速タイピングでした!

 

アメリカ代表のアーチェリーの選手は、折角日本に来たからと足の指にお箸を挟んでしゃぶしゃぶを食べていました。しゃぶしゃぶを難なく食べ終えた後、彼は「何にでも挑戦したいんだ!」と話しました。

 

紹介されるパラリンピアンの方々の前向きな姿にとても感銘を受けました。そして障害があることを出来ない理由にせずに、直向きに競技や日常生活に取り組む姿勢に、純粋に尊敬の念を覚えました。

 

もしある日突然、視力が奪われる病気に自分がかかってしまったら、もしある日突然両腕を奪われるような事故に遭遇してしまったら。私は彼らの様に前向きになれるのか自信がありません。

 

きっと競技を続けていく上で、また日常生活を送る中で、私たちの計り知れない困難がある事でしょう。そんなパラリンピアンの皆さんが共通して仰っていたことは「競技に出会って変われた」という事でした。

 

障害を持つ人たちに限らず、私たち人間は自分の思い通りにならない様々な事に悩みながら生きています。『生・老・病・死』の四苦に代表されるように、その悩みに囚われ執着する事で苦しんでいます。

 

ましてや私たちが生きる現代においては、世の中が便利になった一方で、その弊害として新たな悩みや苦しみが増えてしまっているように感じます。

 

そんな苦しみから解放されるために『八正道』とされる八つの正しい実践修行を行うことが仏教の教えであり、私たちが行う座禅もそのうちの一つになります。

 

パラリンピアンの競技に直向きに打ち込む姿もこの『八正道』にあたり、そのために選手の皆さんの輝く姿が見られ、応援する私達にも感動が伝わるのでは無いでしょうか。

 

パラリンピックは九月五日で閉会となります。残りの大会期間パラリンピアンの雄姿を目に焼き付けながら、皆さんにも自分自身の『八正道』が見つかるといいなと思います。

而今に学ぶ。22

 こんにちは、俊哲です。

 令和3年度の盂蘭盆会(お盆)も終わり、世間では東京オリンピックの閉会や新規コロナ感染者数の増加、そして間もなく開会を迎える東京パラリンピックを控えております。各地では大雨や、世界を見たらアフガニスタン首都カブールをタリバンが制圧と、我々当事者は、ただ当たり前に迎える毎日をいつの日か激動の時代だったと振り返るのでは、と思いながら日々を過ごしております。本当に一日、一日、無事に生きられることの難しさを感じますね。

 

 私の居る寺ではこの時期、お盆も終わりホッと一息をつきます。

例年であれば、ふらりと旅に出たりするものですが、このコロナ禍ではそれも叶いません。読者の皆さんも同じようだと思いますが、ステイホームでできることを考えました。その中の一つとして、最近私は世界史の復習を始めました。

 

 しかし、別に大学受験をするわけではないので、何か学習の基準となる目標を立てようと思い、世界史の復習から派生して、世界遺産検定の勉強も始めました。

早速テキストを購入し、読み始めると、世界遺産には分類が3種類あることを知りました。聞いたことがあるかもしれませんが、『文化遺産、自然遺産、複合遺産』と呼ばれるものです。

 

 

その他、世界遺産への登録基準となる条件などを読んでいくと面白いことがわかってきます。

 

 既に登録された世界遺産のおよそ80%は文化遺産です。その世界遺産登録数の国別の順位では、イタリア、中国、ドイツ、スペイン、フランスの順で、日本も11位となっています。

 

 そのテキスト中にもありますが、こうした世界遺産登録は、顕著で普遍的価値を有するものを世界が一丸となって保護をするという目的がありますが、同時に観光資源として世界中にアピールするだけの宣伝材料にもなりえます。その中で、観光地化に偏り、本来の趣旨から逸れることには注意が必要としながらも、地元の人たちによって保護されることが大事であるとされ、観光資源となることもポジティブに捉えられています。

 

当然そうした背景もあって世界遺産登録を目指し、各国ロビー活動が行われるので、経済的に豊かな国の文化遺産登録数は多くなります。

 

こうしたことを学んでくると、以前旅をした際に見聞きした情報が思い出されます。

 

“建物の老朽化が進み、取り壊しの話になると、「経済成長のため」「地震国」「高温多湿な日本の気候は諸外国とは違う」という意見がこの日本では多く見られる。しかし、建てては壊すという、いわゆる新規の建設需要で経済を回すのは、発展途上の国が採用する成長モデルであり、先進国は古い建物を活用し、そこに付加価値を生み出す成熟型モデルを採用した方が圧倒的に大きな利益を得られる。” と言った話です。

 

 確かに、こうした文化遺産登録数の多い国は、先に述べたように、先進国と呼ばれる経済が比較的豊かな国であり、だからこそ成しえる芸当なのかもしれません。

 

 また別の話では、とある自治体が何の観光資源もない町を観光地化するためにはどうしたら良いかとある民俗学の教授に相談したところ、建物を立て替えず、今の生活を100年続ければ良いと言われたという話があります。

  

 しかしそこに生活がある以上、人は便利さや快適さを追い求めるので、100年の間、ちっとも近代化しない生活はできない、と私も考えてしまうのですが、これこそが『豊かな成熟社会』を実現していない証拠であります。

 

 豊かな成熟社会を実現した後であれば、先に述べたような成熟型モデルを用い、先進国は文化遺産を有利にお金にかえられます。社会が貧しくなれば、目先の利益を優先した経済運営が行われ、最終的には大きな富をもたらすはずの貴重な文化遺産を失っていくのです。ここ日本では、実際は過疎化によって廃村となる村々があり、そこには継承されてきて絶えることとなった無形の文化が山ほどあったでしょう。

 

 大きな「世界遺産」という枠にはかすりもしない遺産は山ほどあり、また、あったわけで、この世界遺産について学んでみると、そうしたことに思いを馳せます。

 

 

本当に大事なもの。禅の教えでは、一人一世界と言い、世界は各人にそれぞれ展開しています。あなたの世界遺産はなんでしょうか。その登録基準はなんでしょうか。

 

 

 こういった視点から考えますと、心の余裕や、私がいなくなった後の社会を考える余裕なき社会は、物質的豊かさも同時に失っているということがよくわかります。貧乏とは「貧に乏しい」とはよく言ったものです。「貧」とは貝(古くは財宝の意)を分け与えると書き、その「貧」の生き方とは、つまりは私がよければ良いという独善的な生き方ではなく、周りの人を利する生き方のことであり、仏教の説くところであります。この「貧に乏しい」貧乏な生き方ではなく、心にゆとりのある、そのゆとりに基づく「貧」の生き方が、より見直されて欲しい社会になりつつあると思います。

f:id:tabisuruzensou:20210818182744j:plain

1983年に世界複合遺産に登録されたペルー・マチュピチュ

f:id:tabisuruzensou:20210818182924j:plain

1991年に世界文化遺産に登録されたスリランカ・ダンブッラの黄金寺院

f:id:tabisuruzensou:20210818183117j:plain

1994年に世界自然遺産に登録されたベトナムハロン湾

 

すずめ達

f:id:tabisuruzensou:20210803090014j:plain


こんばんは、禅信です。

 

県内のお寺から蓮バチをいただいて3年、ようやく育てることに慣れて大きな花を咲かせる事が出来ました。

1年目2年目は早く花を見たい気持ちもあり肥料を余分に与えすぎて肥料やけさせてしまい、葉っぱも元気がなく花芽もうまく咲かせる事が出来なかったので今年はホットしております。

 

栄養であっても取りすぎては体を悪くしてしまう、私たちの体と一緒ですね。

蓮には2年間悪い事をしてしまいました。

 

 

先日、参禅会のでこんなことを聞かれました。

 

「和尚さんはもうワクチン打ったの?」

 

私の市では、ちょうど両親の世代60代の人たちが接種を終えてこれか若い世代に順番が回ろうかという所なのでまだ接種を受けておりません。

 

「まだ受けてないですよ」と答えると。

 

心配そうな顔をされて「早く打たないとだめよ」といわれました。

その時は気に留めることもありませんでしたが、改めてこのワクチン接種の事を考えてみると賛否がはっきりと分かれる事だと感じました。

 

 

私の身の回りでも接種に積極的な人と懐疑的な人それぞれがいますが、それに対してどちらが正しいかなんて事は私の計れることではありませんので話すことはありませんが。

 

家族で自然界の話をしていると父がこんなたとえ話をします。

「餌を見つけたスズメの群れがあった時に、

 ・真っ先に餌に飛びつくスズメ

 ・周囲の様子を見てから餌に向かうスズメ

 ・みんなが行ってから最後に飛んでいくスズメ

 スズメにもそれぞれ性格があって自然界を生き抜いているけれども、

 どれが正解ってことはないんだよな」

・初めに餌に飛びついたスズメは沢山の餌を食べる事が出来る、

しかし、数が少ない所天敵に狙われてしまうかもしれない。

・周囲の様子を見て飛びついたスズメも最後に飛びついたスズメも

先に天敵に襲われることは少ないけど、餌が食べれないかもしれないし出遅れたところを天敵に狙われるかもしれない。

 

自然界と同じように私たちも様々な個性、考えをもって生活しておりますが、

今回の自粛生活やワクチン接種の話を考えた時にどちらが正解かで言い争うことは無益な事だなとつくづく感じます。

 

「同事というは不違なり」あいての立場に立ってよりそう。

とても大切な事ですが相手を尊重して考える時には、

自分の考えも大切に持っておかなければなりません。

 

みんなが大変な中でそれぞれの想いをもって生活していますが、みんな同じ仲間ですから仲良く健康にすごしたいものです。

オリンピック開幕直前の暑さ対策

こんにちは、哲真です。

 

オリンピックの開会式まで後2日となりました。本日から始まる競技もあるようですね。このオリンピックはどのようになっていくかわかりませんが、選手の皆様が満足できる結果となることを願っております。

 

7月も下旬、暑さが身に応える季節。去年は梅雨で毎日が雨だったので暑さがそれほど気にならなかったのですが、今年はかなりの暑さです。

 

最近はエアコン完備されているお寺も増えてきていますが、地方の小さなお寺ではまだまだ完備とまではいきません。扇風機で何とかお勤めさせていただくのでが、終わった後は汗でびっしょりです。

 

和尚さんの着ている服は、「シースルーみたいで涼しそう」と言われることがあります。ただ、何枚もそれらを重ねて着ているのでかなりの暑さなんです。法事などではハンカチやタオルは常に携帯していないと大変です。その為、法事などの法要中に汗をぬぐったり、暑さ対策してても大目に見てくださいね。ただ、不思議と読経中は暑さが気にならないことが多く、終わった後に、こんなに汗かいていたのかといつもびっくりします。

 

さて、このような暑さの中に当寺ではただ今次々と蓮の花が咲いております。お寺には仏様が蓮の上で胡坐をかいている仏像がたくさんあり、皆様も見ることが多いと思いますが、蓮が咲く時期を考えると、かなりの暑さの中で仏様たちは胡坐をかいているということでしょうか。それも暑さなど気にしていない表情です。「暑い暑い」と言っている私は、まだまだ修行が必要ですね。

 

蓮の花は早朝開きお昼には閉じる、そのサイクルで4日間。4日目は夕方まで咲き続け、そのまま花びらを落として散っていきます。その為、昨日まではあんなに咲いていたのに、今日になったらほとんど散ってしまっているということがあります。儚い花だなといつも感じます。

 

仏様の世界でも咲いているといわれる蓮、8月が見ごろと言われます。見学に行く際は必ず暑さ対策をしていってくださいね。

 

f:id:tabisuruzensou:20210721083315j:plain

 

うちのお寺では、現在こんな感じです!!!