旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

而今に学ぶ。8

 こんにちは。俊哲です。新しい元号「令和」の時代となってから私が投稿するのはこれが初めてです。新時代となって私の身の回りで起こったことを今回記したく思います。

 

 私の祖母が平成最後の3月に他界をし、元号が変わった5月の連休中に49日の大練忌を執り行いました。祖母は先代住職の妻として寺を支え、突然の事故で連れ合いの先代を亡くしてからは寺を離れ、娘の家で余生を過ごしておりました。寺を離れてから20年程が経っておりましたが、霊前には連日お参りに来てくれる方がおりました。それと同時に私たちは施主家として葬儀の段取りや小練忌、大練忌の準備に追われ、慌ただしく毎日を過ごし、法要の日を迎えました。日々の慌ただしさもありましたから、法要が始まり近隣の和尚様たちの読経の声を聞いて安心し、法要後には少し気が抜けるような気が致しました。

 祖母が他界してこの法要を迎えるまで、忙しく過ごし、泣いている・落ち込んでいる時間が無かったように思います。

 

 さて、つい先日のことですが突然の訃報が届きました。私とご本山での修行時代の同期で、仲の良かった友人のお師匠さんが亡くなられたというものでした。私の友人は在家出身で、お寺の娘さんと結婚する縁があって僧侶となりました。右も左も分からぬままこの世界に入り、多くの苦難を乗り越えての出家となり、その友人を師匠として、義理の父として支え指導された方でした。私もご本山での修行時代、そしてご本山を離れてからも個人的にお世話になっており、仏法に厳しく、それでも周りの者には分け隔てなく温和な方でした。どこでお会いしても気さくに声をかけて下さり、とりとめもない話しをしたことなど思い出も深く、訃報が届いてからはいてもたってもおられず、お参りに行くことにしました。

 

片道4時間の道中、様々なことを思い出し、考えながら車を運転しておりました。元気な頃の姿しか知らない私には現実として理解できず、また弟子である友人やご家族の皆さんがひどく落ち込んではいないかと心配になりながら、気持ちだけが焦っておりました。途中、別の友人と合流し、友人もまた同じようなことを心配しておりました。

 

お寺に着き、本堂の東側に作られた祭壇に手を合わせ、経を詠ませていただき、本当に亡くなられたのだと世の儚さが胸をつきました。

 

祭壇近くでご家族の方、弟子である友人と話しをしていると、想像していたよりも淡々とされており、悲しみに暮れている様子はあまり感じませんでした。

 

ご家族の方が席を外され、弟子であり婿養子である友人だけとなった時、

「奥さんが心配だったんだ。お父さん大好きだったから。でも一番淡々としてる。来月に本葬儀はあるし、すぐお盆もやってくる。忙しくて落ち込んでる暇もないし、ちゃんと送り出さなきゃって気持ちしかないよ」と話しをしてくれました。

 

 私は、昔カンボジアを旅した時のことを思い出しました。

カンボジアの僧侶と、人が亡くなってからの仏教祭事はどのようになっているのかという意見交換をした際、同じく七日ごとに経をあげたり、100日目まで忙しく過ごすことなど似たような慣習があるということを知りました。その他、仏教圏では似たような慣習が日本も含めあるわけですが、そのカンボジア僧が最後に教えてくれたことは「人が亡くなって悲しいでしょ。涙が流れ、悲しいのは自然なこと。だけど、その悲しさに振り回され、余計に悲しむことは苦なんだ。100日目までとにかく忙しいのは、後を追って死のうと思ったり、余計な悲しさに苦しまないためでもあるんだよ」というものでした。

 

 私が祖母を亡くしてから過ごした幾日かの経験とカンボジア僧にそのように教えてもらったことを重ねながら友人に話しをすると、「本当にそのようだ。いい言葉だね。」と一言呟き、祭壇に向かい合掌し一礼を供えました。

 

 

 生きているものは必ず別れの時がやってきます。どんなに大事にしていた財産も、友人も、愛した家族も、さらにはこの肉体すらも死ぬ時には置いていかねばなりません。

 

行持を営むことは、別れを惜しむというだけの決して一方向のものではなく、実際は思いが届く範囲内では収まらない意義を伴うことを改めて実感いたしました。

f:id:tabisuruzensou:20190522150004j:plain