旅する禅僧

より多くの方々に仏教をお伝えし、日常の仏教を表現していきます

雑感

寒さを感じだすと、時間の流れるスピードというものはどうしてこうも早いものかと少し感慨に浸ってしまいがちになりますね。今年の夏の酷暑もこうも寒いと今では少し恋しくも感じてしまいます。

 

こんにちは、俊宏です。

 

季節の変わり目ということもあり、気温の低下に加えて天候不順が続き、檀務以外では屋外にでることの意欲が絶賛低下中の今日この頃です。

 

そんなときはそう、、、

 

自宅に籠ってオタクlifeにかぎりますね!

 

生来、出不精気味な私なので、秋の夜長も相まってついついサブスクリプションの動画配信サービスをひたすら鑑賞してしまいます。(そこは坐禅三昧じゃないのかとのご指摘はうけつけてませんので悪しからず。。。)

 

新作、旧作、不朽の名作にわたり非常に数多くの映画やアニメなどが月々定額で観放題なものですから一旦、見始めようものなら大げさではなくまさしく時間が溶けてなくなります。

 

私は特にアニメを比較的多く視聴しているのですが、そのなかでも最近特に感銘をうけた作品が鉄腕アトム、地上最大のロボット』をオマージュしたPLUTO』(プルートウというNet flixにて配信されたアニメ作品です。

 

 

 

原作は浦沢直樹さんが20年前に週刊誌連載をされていたマンガですが、まさにロボットアニメの枠をこえた非常にシリアスな仕上がりになっております。連載当時もそうでしたが、猶更、むしろ今改めて観るべき作品として私はこちらの視聴を皆さんに強くお勧めします。

 

 

まず、この作品が伝えたいこととして「憎しみの連鎖からの脱却」が挙げられ、おおまかなあらすじについては、大きな戦争によって悲劇に巻き込まれたアブラー博士が、復讐の為にプルートウというロボットを用いて世界を破壊しようとしますが、それをアトムが食い止めるといったもので、この物語の背景や各キャラクターの心理描写等が実に我々の社会における現状にも実にリンクするからです。

 

ご存知ではあると思いますが、今世界各地では様々な紛争が多発しております。確かに争う理由はそれぞれあって、そして武力によって解決する一面もあるにはあるでしょう。

 

しかし、たとえ勝っても負けても、それらに関わったすべての人の心には必ず遺恨が生まれ、残り続けます。傷つけた側には背徳感や後悔が、傷つけられた側には悲しみや憎しみが。

 

自身にとって情けない話ですが、ここ最近悲劇的な現状が目から耳から入りすぎて、もはや当たり前と感じてしまっている自分がいました。そんななかでふと視聴したこのアニメに改めて気づかされることが多くありました。

 

「勝利からは恨みが起こる。敗れた人は苦しんで終わる。勝敗を捨てて、安らぎを大切にした人は、安らかに終わる」

 

ダンマパダという経典にはお釈迦様が残したこんな言葉が記されています。またこうも記されています。

 

「恨みを抱く人たちの中で、恨むことなく、安らかに生きよう。恨みを抱く人たちの中で、恨むことなく暮らしていこう」

 

百億人以上が暮すこの地球上ですから、そもそも一筋縄ではいかないことばかりです。ただ、他者を傷つけることを問題解決の手段として用いたとしても、本当の意味での解決にはつながりません。そこから生まれた遺恨が新たな問題の火種になってしまうからです。

 

そういった恨みの連鎖をどこかでやめなければ永遠に争いは続いていく。まさしくすべてを滅ぼしつくすまで終わることはないでしょう。しかし、たとえ頭では理解していても、いざ当人となればその難しさははかりしれないものになるでしょう。ですが、そんな人々の想いを痛いほど感じつつも恨みを抱く人たちの中で、恨むことなく、安らかに生き、暮していくことをお釈迦様は勧めたのでした。

 

 

各地でおこる紛争問題を引き合いにだすには少々極端ではありますが、我々の日々の暮らしの中でも大なり小なりこのような問題や悩みはそれなりにあるとおもいます。もし心あたりのある方は是非このお釈迦様の言葉を思い出し、それぞれの心の在り方を今一度振り返ってみて下さい。我々人間は幸せになるために生きているのですから。加えて先にご紹介した『PLUTO』もお時間があればご覧になって頂きたい。

 

 

 


もうむっちゃくちゃ感動しますから。騙されたと思って是非一度お試しあれ。

共育

こんにちは。拓光です。日ごとに秋の気配を感じる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、今年に入り第二子が誕生しました。新しい命が誕生したこともあり、より一層精進せねばと思う次第です。

というのも仏教では「生」と「死」を別のものと捉えず、「生死(しょうじ)」と表現します。

つまり生があるから死がある。また生の中に死があり、死の中に生があるということです。

日々の生活が忙しいと、つい生きることに精一杯になってしまい、死に対して向き合うことをおろそかになってしまいがちです。人間は生きれば生きるほど死に近づいていく訳ですから、死について考える、向き合うことはとても大切なことです。

話を戻しますが、我が子を育児することで、私の両親や今は亡き祖父母もこんな大変な思いをして私自身を育ててくれたのだなと気付かされるといった、我が子を通じて共に学び合い、共に育てられる「共育(きょういく)」そんな日々を送っています。

「共に学び合い、育てられる」これは親子関係だけに限らず、上司と部下、友人同士でも言えることかもしれません。

指導する、される立場、言い合いをする仲。その中でどちらか一方だけが学ぶというのではなく、互いが学びながら生きていく。前回のブログ投稿で挨拶について紹介させていただきました。(挨拶の「挨」は押す、師匠が弟子に対し仏法(教え)を理解できているかと自ら寄り添うこと。「拶」は迫る、弟子が師匠に対し仏法(教え)の真髄を自発的に追い求めるという意味です。つまりどちらか一方だけが歩み寄るのではなく、互いが互いに、寄り添い合い、意思疎通して初めて挨拶となる)

挨拶同様、「共に学ぶ」という視点を忘れずに、私自身もブログ投稿していきたいと思います。

 

ハロウィーンに思うこと

こんにちは。慧州です。

彼岸も終わり、朝晩は寒さを感じるくらい秋めいて参りました。

長袖を着る機会が増えたり、布団を一枚増やしたりと、生活が少しずつ冬に向かっていると肌で感じます。

 

さて、今月末はハロウィーンです。

「禅僧のブログなのにハロウィーン?」と思われるかもしれませんが、幼い子を持つ親にとって逃れられないイベントです。というのも、幼稚園で仮装をする行事があるそうで、先日その衣装を購入しました。

 

私が子どもの頃はまだ浸透していなかったハロウィーン。今では街中を歩くと、至る所で火の灯ったカボチャ(ジャック・オーランタン)やコウモリなどが飾り付けられ、ハロウィーン仕様がすっかりなじんでいます。

 

ご存知かもしれませんが、ハロウィーンは単なる仮装大会ではありません。

元々は古代ケルト人が一年の終わりを10月31日とし、一年の最後に収穫物を集めて冬の到来を告げるお祭りでした。また、季節の変わり目ということで死後の世界との境界が曖昧になることで、ご先祖さまをはじめ、多くの霊がやってくると信じられてきました。中には悪霊もいることから、子どもたちが仮装をして魔除けにしたのが、現在の仮装する習慣の起源だそうです。

 

この話を聞いて、皆さんは仏教にも似たイベントがあると思いませんか?そうです。お盆とお彼岸です。

お盆は、迎え火によってご先祖を迎え入れ、浴衣を着て盆踊りをしますね。お彼岸は、お中日を境に日の長さが逆転する季節の変わり目であり、死者の世界(彼岸)と生者の世界(此岸)が近づくため、先祖供養を行うという説があります。

不思議なもので本当に共通点がたくさんあります。人類考えることは同じということでしょうか。

まさにハロウィーンは、お盆とお彼岸が同時に来たようなものなのです。そう聞くと、なんとなくイメージが変わりませんでしょうか?

 

話は変わりますが、かつて私はハロウィーンに対して悪い印象を持っていました。それはどこか商業的で、騒いで街を汚くするイメージしかなかったからです。

 

ですが5年ほど前、その認識が少し変わった出来事がありました。

それはハロウィーン後のゴミ拾いです。ハロウィーン後のゴミ問題が指摘されて以来、終わった後のゴミ拾い運動が活発になり、私もたまたま知り合いに誘われて、渋谷のハロウィーン直後にゴミ拾いしに行くイベントに参加することになりました。

 

始発に乗って渋谷に行くと、明け方にも関わらずスクランブル交差点では多くの人が騒いでいました。どこか異様な雰囲気に私はやっぱりネガティブな印象を持ちました。しかし、電車が動き始めたからでしょうか。少しずつ帰宅の途につく人も増え始めて、落ち着きを取り戻しつつありました。そしていざゴミ拾いしようと思い、中心街に向かいました。

 

すると意外なことに、ゴミがあまり落ちていません。むしろ普段の渋谷よりよっぽど綺麗でした。その理由は、仮装していた人がゴミ袋を持って既に集めていたからでした。彼らも同じくゴミ拾いのボランティア活動をしていたのです。私はたまたま今年手伝っただけでしたが、これまで多くの人によってハロウィーンは支えられていたのかと頭が下がる思いでした。

 

仏教には「一水四見」という言葉があります。人にとっては飲み水、魚にとっては住む場所、そして油にとっては相容れない存在であるように、一つの物事は立場によって見え方が変わることを意味します。一つの目線ではなく、その背景に思いを馳せることの大切さを思い出す機会となりました。

 

今年はコロナ禍以来のハロウィーンとなりそうで、渋谷区長からもハロウィーン目的による大勢の集まりを控えるように呼びかけています。決して渋谷に集まらないようお願い申し上げます。

願わくはハロウィーンが本来の姿を取り戻せてくれること祈りたいと思います。

 

ゴミ拾いプロジェクト https://shibuya-gomizero.org/

落ち葉掃き

みなさまこんにちは!

光彬と申します。

長い夏が終わりを告げ、ようやく涼しくなって参りました。この猛暑をみなさまと共に

乗り越えられたこと、嬉しく思います*

 

さて、私が住む山梨県身延町は山々に囲まれており(山梨県自体が山に囲まれていますが)夏の終わりから冬の中旬までは日々落ち葉との格闘です。掃いても掃いても終わりがなく、時間を決めて行うのですが次の日にはまた同じところからスタートすることが目に見えていると、なかなか

やる気を維持することが難しいです。

いつもの様にブロワーで落ち葉を飛ばしていた時のことです。

軽い風で飛んでくれる落ち葉もあれば、強い風を当てないと飛ばない葉があることに気が付きました。また、一方向からの風ではなく、自分が

動き回って様々な方向から風を当てなくては

集めたい場所に落ち葉を運べないのでありました。この落ち葉や風の動きを見ていた時に

些細なことですが、この葉や風が人の心や言葉であったならばと考えました。

少し前に、電車内で騒がしかったことを注意された若者が、注意されたことに腹を立て、注意した中年の男性を尾行し人気のないところで暴行を加えたというニュースがありました。テレビのコメンテーターは、若者が反抗に及んだことを非難し、近頃はどんな言葉でキレるか分からないから怖いとコメントしていました。人を傷つけてしまうとき、言葉にしろ力にしろ、一瞬でもそれで良いのか考えるのが我々人間だと思いますが、このニュースの若者は歯止めが効かず行動に移してしまいました。幸い、命に別状は無かったようでしたが、命に関わろうと関わるまいと暴力で相手を屈伏させることは正しいことと思えません。

しかし私は同時に、注意の仕方にも気を配らなくてはならないなと感じました。

私も時々、家族と言い合いになることがあります。100%自分が悪いことであっても、なにか嫌な言い方をされると気分が良くありません。もちろんそれは悪い側の屁理屈でもあるのですが、

もしもそこで優しく声を荒げたりすることなく注意を受けたならば、お互いの気持ちは随分違うのではないかと思います。

 

北風と太陽の話では、

旅人のコートを脱がせたのは強くて荒々しい風ではなく、暖かく柔らかい太陽の光でした。

仏教にも、真に相手の事を想いやり発せられる言葉には、どれほど憎い敵をも説得させ、国を統べるような権力者とも和やかで素晴らしい関係を築くことができる力があると説かれます。これは単に優しい言葉を話すだけではなく、相手のことを想いやるがゆえに時には厳しいことを言うことも含まれます。

私達は人と話すとき、自分に対して善意もしくは悪意が向けられていることを、相手の話し方や抑揚、言葉から敏感に感じ取ります。ですから、

たとえ仲の良い方であろうと、初対面の方であろうと、いつでも傷付ける可能性があることに気をつけなくてはなりません。

 

これからまだまだ落ち葉との格闘の日々が続きます。風の向きを変えてみたり強弱を意識し、落ち葉掃きを通して自分自身が、相手との接し方を

見つめ直し考えながら過ごしていきたいと思います。

おはぎとお彼岸

みなさんこんにちは尚真です。先日の台風13号で犠牲になった方のご冥福をお祈りすると共に、浸水や土砂災害などで住むところを失われた方々、生活に不便を強いられている方々にお見舞い申し上げます。

 

また厳しい残暑の中、復興作業に従事されている方々には、どうかご無理をなさらずに体調に留意して作業に取り組んで頂きたいと思います。

 

今年の気温は今後も平年より高い傾向になるという発表がなされています。9月に入ってからも最高気温が30℃を超えるような、厳しい暑さの日が続いています。

 

最高気温が30℃を超える日は「真夏日」と呼ばれていますが、私が子どもの頃の記憶では、私の住む茨城では最高気温が30℃以上になるのは8月前半からお盆までの間に数日あった程度かなという感じです。

 

しかし今どきの真夏の実態は35℃以上の「猛暑日」が連日続きます。夏の一番暑いころに「真夏日」と言われればしっくり来ますが、9月になって少し暑さが弱まってからが「真夏日」では、何だか真夏とは名ばかりのようで虚しく聞こえます。

 

しかし関東地方では今日の(記事の投稿は9/20です)雨を皮切りに少しずつ暑さも落ち着いてくるようです。暑さ寒さも彼岸までとは本当に良く言ったものです。そう今年の秋彼岸の入りの日は本日9/20(水)なのであります。

 

俊宏さんがお盆の時期の投稿で、お盆の風習が薄れてきていると記事の中で触れていましたがお彼岸についても同じことが言えるのではないでしょうか。

 

このブログの読者の方はそんなことは無いと思いますが、お盆と違ってお彼岸休みなどはありませんので、もしかしたら世の中にはお彼岸をご存じない方もいらっしゃるかも知れません。

 

お彼岸は春分の日秋分の日を中日としてそれぞれ前後3日間、計7日間を指します。春分の日秋分の日は昼と夜の時間が同じということで、私達の世界「此岸」とご先祖様の暮らすあちら側の世界「彼岸」が最も近くなる日になります。それなのでお彼岸中にはお墓参りやお寺で行われる法要に行くのですね。

 

余談ですが、今年のお彼岸の入りは9/20と書きましたが、実は春分の日秋分の日はそれぞれ年によって日にちが異なるという事をご存じでしたか?ですのでお彼岸の期間も年によって異なると言う事になります。

 

また「彼岸」とは悟りの境地の事ですので、六波羅蜜と呼ばれる修行を行う期間とされています。7日間のうちの中日を除いた6日間で、六波羅蜜の「布施」、「持戒」、「忍辱」、「精進」、「禅定」、「智慧」を一つずつ実践する修行になります。

 

六波羅蜜は私たち自身が悟りの境地に近づけるだけではなく、周りの人達も幸せになる行いばかりになります。本来ならいつでも実践していきたいところですが、現実はなかなか難しく私も実践できているとは言えません。

 

特に私か実践出来ていないものは、嫌な事や困難な事があっても、感情的にならずに我慢する「忍辱」でしょうか。嫌な顔や態度をすると、周りの人も嫌な気持ちにさせてしまいます。大いに反省しなくてはなりません。

 

この秋のお彼岸を機に、私も心を入れ替え、六波羅蜜を実践していこうと思います。皆さんもこれを良い機会として六波羅蜜に挑戦して頂けると、私の「忍辱」が足りていないことをカミングアウトした甲斐があります。

 

さて私の子どもの頃のお彼岸の思い出では、よくぼた餅やおはぎを檀家さんからいただいたものです。しかし最近はそんなこともめっきり無くなってしまいました。

 

地域や作り方によってさまざまな呼ばれ方があるようですが、春のお彼岸に食べるのが「ぼた餅」、秋のお彼岸に食べるのが「おはぎ」、それぞれ花の咲く時期に合わせて呼ばれています。

 

このように季節の花の名前で呼ぶあたりは日本らしい奥ゆかしさを感じます。しかし最近は、近所のスーパーでも一年中「おはぎ」として販売されていますし、ぼた餅とおはぎの区別が無くなってきているような気がします。

 

お彼岸の風習だけではなく、「ぼた餅」、「おはぎ」といった日本らしさも一緒に次の世代に伝えていきたいと思う彼岸の入りとなりました。

 

萩の花も咲いてきました

 

而今に学ぶ。29

 こんにちは。俊哲です。残暑がまだまだ厳しいですが、まさに秋に移りゆく今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 私の近況を話しますと、私が所属する地元の曹洞宗青年会(若い世代の僧侶達で組織する団体)主催の、一泊二日のスケジュールで行う坐禅会、その名も「緑蔭禅の集い」が開催されました。

私もその青年会において、広報委員長を仰せつかっており主に写真の撮影を行いながら参加してまいりました。

 

実に4年ぶりとなる宿泊を伴う緑蔭禅の集いの開催(この4年間はコロナ禍で宿泊無しの開催)で、久しぶりの開催となりました。と同時にこの4年間で青年会員の入会・退会もありましたので、初めてこの坐禅会を経験する者も多く、初々しさも入り混じる緑蔭禅の集いとなりました。

 

 

私が青年会で広報に携わるのは8年目となりました。昨年より広報委員長になり、今年は委員長最終年です。とは申しましても、8年も携わると自分が好んで撮影する構図とういうのはワンパターンで、変化を加えようとしても自分の枠を超えるような写真が撮れず、自分の写真に自分が一番飽きてしまっております。

 

 

お寺の本堂で人が坐禅をする姿を撮影することは意外と難しく感じています。被写体は動かないけれど坐禅中は本堂の中を暗くし、それでいて窓の近くは外から太陽光が差し込むため、カメラへの光の集め方、シャッター時間に気を使う必要があります。

 

また、坐禅中にパシャ パシャとシャッター音がずっと鳴り響いていても、坐禅中の皆様の邪魔にってしまうため、坐禅が始まってすぐのまだ落ち着ききっていない間に数枚撮影して引き上げることもマナーと考えております。ここまでで何が言いたかったかと言うと、8年も広報に携わると、写真の技術はそこそこでも、写真を撮る際の周囲の様子が広く見えるようになったことをちょっとだけ自慢したかったのです(笑)

そういう点では成長させてもらったと実感いたします。

 

 

その後は撮影した写真を取り込み、人様の目で見ておかしく無いよう多少レタッチ(加工)処理を行います。

 

今では写真のレタッチを行うアプリ等も豊富で、私の目に映ったように、または私が感じたように撮影した写真を加工することができます。そこまで含めて、撮影者のセンスと言われる時代になりました。

 

色味の調整を行うと、究極は白か黒です。真っ白か、真っ黒。

この2つの色の間に全ての色が展開しています。

 

そう思うと、この白と黒は対極という見方だけではなく、全ての色の基礎(ベース)であると言えます。

 

世の中、「白か黒か」という二択を迫られることは多く、似たように、イエスかノーかと迫られる機会も多々あります。

そんなことに慣れ、気づけば自分で自分に二択を迫っていたということもあります。同じような経験をされた方も多いのでは無いでしょうか。

 

 

ですが、白と黒、イエスとノーは同一線上にあるもので、例えば北極か南極かという問いも地球という枠の中の話であります。両極の白か黒の間には無限の色の広がりがあります。

 

白と黒。イエスとノー。そんな二極が全てではなくて、NotホワイトでNotブラック。NotイエスでNotノーな世界は無限の広がりを感じます。その無限の中から見たら、両極と思っていた二極もその無限の中に包括されたことでありました。

 

そう思うと、二択に捉われている足枷が外れるとスーッと早く走れるようになるんだよなぁと、少々飽きてしまった写真の色彩調整を行なっていた時に感じたお話でした。

 

本堂前の朝焼け

 

お盆供養

こんばんは、禅信です。

 

今日も暑いですね~。

 

最近は挨拶の様になっている言葉ですが皆様暑い夏をいかがお過ごしでしょうか?

8月もあっという間に、後半を迎え朝夕には秋の虫が涼しげに声を響かせるようになって参りました。

 

今年のお盆は入りの13日が日曜日と言う事もあり、お墓参りをする家族ずれの姿を多く目にしました。本堂で行われた合同供養も午前中の3座はどれも満席になる程でありました。

ようやく如常の生活様式が戻ってきたのかなと、嬉しさを感じるお盆でもありました。

 

 

今年は我が家も祖母の初盆を迎え、13日に提灯を持ってお墓に御霊のお迎えに行って参りました。お盆の期間中は沢山の方にお参り頂き祖母の存在の大きさを改めて実感致しました。

 

祖母は若い頃、保育士として勤めており近所には沢山の教え子がいて先生と慕われておりました。私も子供の頃は母親が料理をする隣の部屋でよく絵本を読んでもらったり一緒にテレビを観たりと面倒を見てもらいました。

 

 

祖母は歌謡番組を見るのが好きで自分の好きな歌手が出演していると一緒になって歌っていた光景が印象的です。決して上手とは言えないながらも、夢中で歌っている姿を見るとこちらも楽しくなり本当に好きなんだなと、子供ながらに微笑ましく感じておりました。

 

そんな祖母も、80歳後半になると2度目の脳梗塞を患いその後遺症から施設で生活することになりました。

 

ここ数年は面会も自由にできない状態が続きましたが、施設のカラオケ大会を楽しみにいつも大きな声で歌ってますよ。と、報告を頂くとテレビの前で歌っていた姿が思い浮かばれました。

 

 

昨年の11月いよいよ体力も弱くなり、最後の時を迎えました。

施設のベットの上で意識が朦朧とする中で、「もしもし亀よ亀さんよ」と子供をあやす様に口ずさみながら亡くなりましたよと施設の方から伺いました。

終末期には、寝ている時間も多くなり会話もままならない状態でしたが、夢の中で子供たちと遊んでいたのかなと思うと、祖母らしい温かい最後だったなと手を合わせてお別れする事ができました。

 

 

あっという間に半年が過ぎ祖母を迎える初めてのお盆では、家族・親戚がお参りに集まり元気な姿を報告する事ができました。

 

残暑厳しい今日この頃ですが、祖母の生きた姿を真似て優しい心を大切にしたいと感じたお盆供養でありました。

 

 

梅花